忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


寺沢武一の漫画『コブラ』よりコブラを作品化。
『コブラ』は「週刊少年ジャンプ」に1978年より断続的に連載された。作者の寺沢武一が遅筆であったことより、ある程度描き溜めておいて連載をし、エピソードが終了すると連載を休止するという形がとられたようだ。

主人公がハンサムではないという点が当時は新鮮だった。

さて、アンディ&ダリー・ウォシャウスキー兄弟の新作が気になって調べてみた。
ウォシャウスキー兄弟と言えば『マトリックス』シリーズで大ヒットを飛ばし、2008年に『マッハGo! Go! Go!』を映画化した『スピード・レーサー』でものの見事にコケて天国と地獄を味わった監督だ。
『スピード・レーサー』がどれ位コケたかと言うと、1億2千万ドルの製作費に対し、全米での興収は44百万ドルだった。ド派手な宣伝費を考えると1億ドル以上は赤字を出したことになる。
世界的にもコケており、全米以外での興収は5千万ドルだった。

『マトリックス』を作っている時から、その兆候があったように思う。63百万ドルの予算で製作された第一作は、個人的にも傑作だと思っており、全米で1億7千万ドル、全世界では4億6千万ドルを超える大ヒットとなった。
2003年に制作された続編では一気に予算が跳ね上がり3億ドルの製作費でニ作目と三作目が合わせて製作され、第二作は全米で第一作を上回る2億8千万ドルのメガ・ヒットとなった。
映画は大ヒットしたのだが、個人的には?マークが幾つもつくような映画で、映画館に見に行ったのだが、かなり微妙な出来だった。

映画の難解さについて行けない人が続出したようで、第三作はシリーズ中もっとも低い興行収入に終わってしまう。全米での興収は1億4千万ドルだった。個人的には二作目より断然面白かったのだが、二作目で見限った人が多かったということだろう。


ウォシャウスキー兄弟の新作は、監督作ではなく制作に回った『ニンジャ・アサシン(Ninja Assassin)』。予算はぐっと小さくなって4千万ドルの製作費で製作され、全米での興収は38百万ドルだった。『スピード・レーサー』に出演していた韓国スターのレインを再び起用した忍者映画なのだが、また不発に終わってしまったようだ。

崖っぷち・・・
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
きゃ~!
コブラいただきます。ありがとう!

今民放で放映中です。見てます。
前回のシリーズの歌も~素敵でした。
ハンサムじゃないところとアーマノイドレディが魅力的!

≫『スピード・レーサー』
原作ファンとしては凄く物足りなかったけど
ハリウッドらしく カーアクション全開なら別物として楽しめたかも。
Nezu 2010/03/26 (Fri) 13:43 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]