忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


アニメ「となりのトトロ」よりネコバスの原画を書き直し、作品を作り直した。
リメイクなのだが、原画はもう前作の面影が感じられないほど書き直してしまった。

「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」を鑑賞した。
2010年度の映画興行成績の邦画部門で第三位となる73.1億円を記録したメガ・ヒット映画だ。
とは言え過去二作が興収100億円を越えているとあって、期待外れ感が無かった訳ではない。「踊る」のコアなファンにとっては、悪夢のような映画だったようで、ヤフー!のレビューを読んでみると低評価が続いている。

酷評されていたので、あまり期待せずに見た為か、評判ほど酷い映画だとは思えなかった。
もともと邦画の実写部門で興行成績の記録と作った前作が個人的にはさほど面白くなかった。「何でこんなに大ヒットするのか?」と不思議に思ったくらいで、「踊る3」も前作並の出来は保っていたように思う。

と言うか最近さっぱり脚本が面白くない君塚良一にしては、久しぶりに々出来の良い脚本だったと思う。

映画「アマルフィ」で織田裕二はまた「黒田康作」というはまり役を手に入れたと思ったが、連続ドラマで見るとさして魅力的な人物でもないし、やはり「踊る」の青島俊作のキャラに遠く及ばないようだ。
軽いようで実は熱血漢の青島俊作のキャラは見ていて感情移入し易い。

ただ、只でさえ増え過ぎてしまった感のある「踊る」ファミリーを大挙して登場させ、更に新顔まで投入してあるので、各キャラクターの描き込みが足りなくて、賑やかではあるが薄っぺらな印象。
「すみれさん」まで脇役に毛が生えた程度の扱いで、その点はかなり不満。

引っ越しのドサクサに拳銃を強奪辺りまでは面白いのだが、その後湾岸署のセキリティ・システムをハッキングしたり、囚人の釈放を要求したりと、正直カビの生えたような古臭い展開にはかなりげんなり。
スタッフが年をとって感性が古くなり過ぎてしまった弊害だろう。

演出がクドイのも今回はやたらと目についた。
ただでさえ登場人物が多いので見せ場を用意すると長くなってしまうのに、演出まで間が空いていて2時間21分の上映時間がはっきり言って長過ぎる。
本広監督、もともと多少演出にクドイところがあった監督さんだが、今回は無駄なカットが多くて見ていていらいらしてしまった。
もう少しスピーディにしないと、映画のラストの折角の見せ場ですっかりダレてしまった。

そこそこ面白いとは思うが、興収73億円と聞くと、「そこまで面白い映画じゃない」と思えてしまう。
「踊る」シリーズは日本で大当たりしてもアジアではさっぱりなので、結局はファンに支えられている映画だと思う。
ちなみに「ガリレオ」~「容疑者Xの献身」は香港でも大当たりしていた。

映画を見終わって、これで今後もう新作はないような気がしてしまった。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
猫バスいただきます。ありがとう

「踊る大捜査線」は無茶をする青島や振り回されながらもアタフタ協力する
と一緒になぜかうまく解決してしまうところが魅力に感じるの。

その点「黒田康作」は外交官としては型破りかもしれないが
無茶がスカッとしなかったのよね~!
映画だとあまり感じなかったけど。。。

福山雅治の今年の年末ライブは香港だそうです!
この春の福山雅秋の「桜餅」話題も世界配信されるのでしょうか(ドラえもん)
Nezu 2011/03/29 (Tue) 07:54 編集
香港
香港で年越しライブですか。

例年、年越しは香港で過ごしていますが、福山は香港でも人気なので、流石にチケットが手に入らないでしょう。
kwest 2011/03/29 (Tue) 09:20 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]