忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


アニメ「デビルマン」より不動明を作品化。
同じ永井豪作品、兜甲児の原画を起こせば不動明にも使えると思い、先日兜甲児の原画を起こした。兜甲児の作品化が終わったので、さっそく今度は不動明を作品化してみた。

31日(日)に行われた競馬「天皇賞(秋)」で一番人気のブエナブスタが見事期待に応えて勝利を飾った。
ウォッカ以降、牝馬が牡牝混合のG1を勝つのも珍しくなくなってしまったが、牝馬が天皇賞(秋)を勝つのはそのウォッカの2008年天皇賞(秋)以来となる。
今年はアパパネが牝馬三冠を達成しており、最強牝馬の系譜が脈々と受け継がれている感じだ。アパパネとブエナビスタの対決が楽しみである反面、牝馬が頂点に君臨する現状がやや寂しくもある。

二着に飛び込んだのが三歳馬のペルーサ。五歳馬のアーネストリーが末脚が伸びずにもがくゴール前に文字通り二着に飛び込んできた。ペルーサが古馬を封じて二着となったことより、「今年の三歳馬はレベル高い」と早くも言われ始めたようだ。
裏を返せば去年クラシック路線を賑わせた主役達のレベルが低いということで、思い返してみると皐月賞の勝ち馬はアンライバルト、ダービー馬はロジユニヴァース、菊花賞はスリーロールスという顔ぶれだ。他に、無冠に終わってしまったがダービー二着のリーチザクラウンという有力馬もいた。

これら去年の有力三歳馬が今年は総崩れ状態。必然的に古馬のレベルを押し下げてしまっている。

凱旋門賞で二着したナカヤマフェスタが現時点で最強馬ということになるのだろうが、次走は「ジャパンカップ」の予定らしい。宝塚記念に続いてブエナビスタを完封できるかどうか・・・

さて、次走は「ジャパンカップ」を目指すブエナビスタ、女王不在のエリザベス女王杯がやや色あせてしまうが、三歳女王のアパパネが参戦を予定しており、古馬を封印して実力を見せつけることができるのか注目だろう。

たまには、『電脳絵画館』本館の方もアピールをしておきます。
ブログの記事を読むのが面倒で取りあえずGIFアニメをお探しの方は、こちらからどうぞ(↓)

http://www.geocities.jp/seasony24/
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]