忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


『仮面ライダーX』は、1974年2月16日から10月12日まで放送された『仮面ライダーシリーズ』第3作で、『V3』と『アマゾン』の間に入る作品だ。正直、その地味なデザインと共に個人的にまるで記憶になり仮面ライダーでもある。

まあ、『V3』と『アマゾン』、特に『アマゾン』は印象が強烈だったから、間に入って印象が薄れてしまったのだろう・・・

『劇場版仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』という映画を見た。
2009年8月8日に全国公開された作品で、興行収入19億円を記録するヒットとなった。オールライダーと名打っているだけあって、昭和から平成の仮面ライダーはもちろん、Vシネマや映画という媒体で登場した仮面ライダーまで全ての仮面ライダーが登場している。正式な映像作品でここまで仮面ライダーが勢ぞろいするのは初めてだったそうだ。

仮面ライダー以外にも死神博士=イカデビル、地獄大使=ガラガランダまで登場するサービス振り。正に親子揃って楽しめる作品となっている。この辺が映画がヒットした要因だろう。

主人公は仮面ライダーディケイドとあって、歴代仮面ライダーはあまりに数が多過ぎてもう戦闘員扱い。仮面ライダーが勢ぞろいした図は壮観ではあるが、やはりちょっと数が多過ぎて見せ場が散漫になり過ぎた感がある。
仮面ライダークウガは映画化作品がなったそうなので、スクリーンの登場は今回が初になるそうだ。ディケイドとクウガをメインにした前半のストーリーで突き進んだ方が良かったかもしれない。

とは言え、懐かしい昭和の仮面ライダーが勢ぞろいして戦っているのを見るのはやはり楽しい。映画の前半と後半でかなりテイストの違う作品なのだが、ストーリーが破綻することなくまとまっている点は仮面ライダー・シリーズの制作陣の質の良さだろう。

子供向けに一時間少々の短い作品となっている。深く考えずにジェットコースター気分で作品を楽しめばかなり満足の行く出来栄えだろう。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
記憶の底のX!
仮面ライダーX いただきます。ありがとう
「X」は確かに地味目でしたね。
アマゾンがライダーの印象を上書きしちゃったかも。

ディケイド のデザインはちょっと従来のライダーのイメージと違うけど
脇にライダー軍団が来るので これは強烈な魅力よね。

ただ TVでの終了が完結とはならず劇場まで持ち越した点が
賛否両論で話題になった。
Nezu 2010/03/23 (Tue) 22:58 編集
電王
今年は電王映画が三作連続で上映されるそうですね。
電王人気衰えずと言ったところですが、佐藤健も忙しくなり過ぎて映画には出ないようでちょっと残念です。
kwest 2010/03/24 (Wed) 09:38 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
<< ゴジラ   |  HOME  |   ATOM >>
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]