忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画『シュレック』よりシュレックの原画を書き直し、作品を作り直した。
2005年度に制作した作品を順次作り直しているのだが、たまたま全米で公開中のシュレックがリメイク候補となっていたので、さっそく作り直すことにした。

噂は聞き及んでいたがやっと『相棒劇場版2』の製作発表が行われたようだ。
今年10周年を迎える『相棒』の劇場版第2弾が12月23日に公開され、新シリーズ“シーズン9”が10月より放送を開始する。製作スタッフは、ドラマに映画を抱えて大忙しだろう。
劇場版2の舞台は、警視庁で、警視庁を舞台にと事件が起きるというあらすじらしい。映画の詳しい内容やキャストはまだ発表されていないが、できれば亀山刑事に久しぶりに戻ってきてもらいたいものだ。

まあ、ドラマの方も予定通り放送されると聞いてひと安心だ。日本にも、人気があればずるずると続く米ドラマみたなドラマがあっても良いと思う。『太陽にほえろ!』みたいに、昔はそういうドラマが結構あって、楽しみにしていた。

また、三谷幸喜監督の最新映画『ステキな金縛り』が制作されることが発表され、主演を深津絵里と西田敏行が務めることになったようだ。
前作「ザ・マジックアワー」が興収39億円、前々作『THE 有頂天ホテル』が興収60億8000万円を記録し、客を呼べる一流監督の仲間入りを果たした三谷幸喜監督だが、個人的にはこの二作共に面白くなかった。
『古畑任三郎』以外、個人的にはまれる作品がなく、とにかく人脈を生かした豪華な俳優陣が見どころの映画ばかり撮っている印象で、新作でも主演の深津絵里と西田敏行以外に、竹内結子、浅野忠信、阿部寛、中井貴一、唐沢寿明、深田恭子とまたまた豪華キャスト。しかも、篠原涼子が『THE 有頂天ホテル』のヨーコ役、佐藤浩市が『ザ・マジックアワー』の村田大樹役で“再登板”するそうで、ちょっとうんざりしている。

ただ、映画の内容は、三流弁護士がある殺人事件の弁護を担当することになり、被告人のアリバイを唯一証明できる落ち武者の幽霊を法廷に引っ張り出すという話だそうで、面白そうではある。
オールスター・キャストを楽しみながら、そこそこ笑える映画というのが最近の三谷作品なので、その意味では王道まっしぐらの映画ではある。

映画の公開は来年秋の予定。

今日は、ヤフー!のジオログにも新作を掲載してあります(↓)。是非ご覧ください。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/seasony24
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]