忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


久々アスリート部門の新作・初代タイガーマスクを作品化。アニメ版のタイガーマスクの原画を書き直したので、実在のタイガーマスクも作品化してみようと思い立った。中でもやはり初代タイガーマスクの空中戦は見応えがあって人気があった。

実在のマットではタイガーマスクは乱立状態で、五代目までいるそうだ。
その初代に当たるタイガーマスクは、1981年のデビューとなる。空中殺法が人気を博し、プロレスブームを巻き起こした。タイガーマスクの正体は、イギリス遠征中だった佐山聡が、新日本プロレスの意向を受け極秘帰国し、タイガーマスクに扮したものだった。
人気絶頂期だった1983年8月10日、佐山は突如として現役を引退、その後マットに復帰したが、かつての人気を取り戻すことはできなかった。

人気絶頂の頃に、テレビで試合を見た記憶があるのだが、何故か回りほど熱中できなかった覚えがある。その理由がいまだによく分からない。何となくタイガーマスク以降、プロレスは空中殺法中心になって行くのだろうと思っていたが、現実はそうでもなく、今になって当時のタイガーマスクの「四次元殺法」と称された空中戦をじっくり見てみたくなっている。

皮肉なもの・・・

初代タイガーマスクがタイガーマスクとしてのファイティング・スタイルを作り上げたと言え、後発の二代目以降はそのギャップに悩まされることになる。二代目タイガーマスクだった三沢光晴もそのスタイルの違いに悩んだそうだ。

先週末の全米のボックス・オフィスは、「ハリー・ポッターと死の秘法PART I」が初登場第一位を飾り、しかも興行収入が1億25百万ドルを超えるメガ・ヒット・スタートとなっている。
今年公開された「アイアンマン2」の1億28百万ドルに次ぐ歴代オープニング興収第六位となる猛ダッシュだった。「ハリー・ポッター・シリーズ」としては「炎のゴブレット」の1億2百万ドルを抜いてシリーズ最高のスタートを決めている。

興収3億ドル越えも見えてきたという感じだろう。

映画の評価も良いようで、日本でも公開中のようだが、日米いずれも高い評価となっている。
原作は早々と挫折し、映画の方も劇場に足を運んだのは一作だけで基本的にDVD鑑賞がメインのシリーズになってしまっている。
北京でも上映されているので、劇場に足を運ぶかどうかちょっと迷ったが、結局DVDに落ち着きそうだ。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]