忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画やドラマ以外にプロ野球も大好きなので、「今度はプロ野球のブログにでも挑戦しようかな」なんて考えている。
そこで前から出来の悪さが気になっていた江川卓の原画を書き直し、これまた前からやろうかなと思っていた表情を動かす作品を制作してみた。随分昔は表情を動かす作品も作っていたのだが、原画を小さくしてから表情まで表しきれなくなり、あきらめてしまっていた。

若干原画を大きくすることで、表情を動かしてみた。作品自体が小さなものになってしまうため、たくさん並べることで携帯電話の待ち受け画像のサイズまで大きくしてある。

まあ少しは新しい挑戦なのだが・・・出来は思ったほどでは・・・

映画「ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島(The Chronicles Of Narnia: The Voyage Of The Dawn Treder)」を見た。
「ナルニア国物語」の第三弾でキャストも前作から引き続き続投しているのだが、過去二作はディズニーの出資で製作された映画だったのだが、ディズニーが本シリーズの映画化から手を引き、20世紀フォックスが引き継いで第三弾を製作したというかなり珍しい作品となっている。
第一作は全米で3億ドル弱、世界興収で7億45百万ドルを記録するヒット作となったが、第二作で一気にトーンダウン、全米では1億4千万ドルと半減、世界興収も4億ドルとなる厳しい結果となってしまった。個人的にも一作目はそこそこ楽しめたのだが、二作目は一作目の焼き直しのような映画で面白くなかった。

第三弾では全米での興収は更に減って1億ドルとなり、シリーズ最低を更新してしまったのだが、日本でスマッシュ・ヒットとなったように海外での興収は前作を上回っており、世界興収は4億ドルと前作と変わらなかった。
前作と比べても登場人物が減ってしまったのは残念だが、舞台が海の上となり、ストーリーも多少凝っていて面白かった。興業的には世界興収でなんとか赤字を免れたという結果だろうから、第四弾が製作されるかどうかかなり微妙だろう。

この手のファンタジー物、アメコミ・ヒーロー物はやや供給過剰気味で、市場を食い合ってしまっているような気がする。個人的には大好物のインディ・ジョーンズのような宝探し映画をもっと見てみたいのだが・・・

さて、映画の出来は既に書いたが前作より出来が良いと思う。舞台が海に変わったせいか、不思議の国ナルニアも本作ではかなり魅力的に描かれている。キャストは続投だったのだが、監督が変わった影響かもしれない。
正直、「ロード・オブ・ザ・リング」の二番煎じのような作風からやっと脱却できたのだが、今度は「パイレーツ・オブ・カリビアン」の作風寄りになってしまった・・・という感じ。

最初は第三弾と聞いても全く触手が動かず、日本でヒットしたと聞いて初めて鑑賞してみる気になった作品で、映画を見始めるまではなかなか腰が重かったが、一旦映画を見始めると二時間弱で綺麗にまとめてくれており、さくっと鑑賞できた。

今日は、ヤフー!のジオログにも新作を掲載してあります(↓)。是非ご覧ください。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/seasony24
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
江川卓いただきます。ありがと!

表情が時間差攻撃~!!
つい 見入ってしまいます。
これだけ並ぶと ぎょわ~!ですが
ファンには嬉しい悲鳴でしょうね~!!

≫ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島
あら
見てみようかしら。
Nezu 2011/10/18 (Tue) 13:22 編集
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]