忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


試作品第五号として米ドラマ「バーン・ノーティス」のシーズン2よりマイケルとフィオナのコンビで作品を作ってみた。
登場人物を二人にしてそれぞれ違う動作で動かしてみた。サイズも携帯待ち受け画像として使えるように大きめの240×320ピクセルに調整してある。まあ、それでもかなりすかすかなのだが・・・
動作を変えてみるとちょっと面白い作品に仕上がった。新しくはないが、今後の作品化のひとつの方向性にはなったとは思う。

もう少し違う感じの作品を作ってみたい気がするが・・・

更に幾つか試作を続けてみて、新しい可能性を探ってみようと思っている。携帯待ち受け画像にやや拘り過ぎたかもしれないので、その辺りも考慮して試作を続けてみたい。

帰省中にツタヤで「バーン・ノーティス」のシーズン2を借りてみていた。洋画は字幕派で吹き替えはめったに見ないのだが、このドラマに限っては吹き替え版の方が圧倒的に面白い。主人公マイケルの声をルパン三世の栗田寛一が当てていて、これが絶妙にはまっている。オリジナルにない吹き替え版だけのドラマにちょくちょく入るスパイの心得もまた良い。

という訳で吹き替え版が見たくて、こちらで本作を見るのは止めている。春先に帰省した時にシーズン1は見終わっていたのだが、今回の帰省中にシーズン2を見終わることはできなかった。

まあ、また今度。

本作は米国ではケーブル・テレビで放送されているようで、何時もの視聴者数のランキングが分からないのだが、米国でも人気があるようだ。本作とそれに続く「ホワイトカラー」というドラマで今はケーブルテレビのドラマが元気が良いというニュースを読んだ。
現在シーズン5が放送中でシーズン6の製作も決まっているそうなので、まだまだ当分楽しめそうな作品だ。

そう言えば本作を見るきっかけになったのは、日本で深夜に本作が放送されていたから。吹き替え版に拘るのもそのテレビ放送が吹き替えで、面白かったからだ。シーズン2放送の話は聞かないが、どうなったのだろう?

今日は、ヤフー!のジオログにも新作を掲載してあります(↓)。是非ご覧ください。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/seasony24
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]