忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


サッカー・アルゼンチン代表のメッシをアウェイのユニフォームで原画を書き直し、新作を制作してみた。
今大会でNo.1の評価だったが、残念ながらゴールを決めることができないままに大会から姿を消してしまった。四年後に更に成長した姿を見せてもらいたいものだ。
タレント揃いのアルゼンチンがドイツに4-0で敗れたことにより、「もうマラドーナの時代ではない。個人技よりもチーム・プレーだ」というコメントがあった。その通りなのだろうが、チーム・プレーも良いが、もっと超絶個人プレーを見てみたい気持ちの方が強く、個人技がますます発揮しにくくなって行くとすれば寂しい限りだ。

サッカーW杯は、スペインの初優勝で幕を閉じてしまった。FIFAの世界ランクではブラジルに継いでの2位、順当な優勝だったかもしれない。W杯も終わり、これでにわかサッカー・ファンもお休みだ。

大会の「影のMVP」はタコのパウル君だということだ。予想した8試合を全て的中させるという離れ業を演じており、シンガポールのインコやエストニアのチンパンジーを押さえての受賞となった。

『ダークナイト』のクリストファー・ノーラン監督が「ボンド映画を監督したい」と発言して話題になっている。何でも、子供の頃から007シリーズのファンだったそうで、。「自分にとって、『007』シリーズは映画が持つ広がりや可能性の象徴のようなもの。いつかボンド映画をやってみたい」とロンドンで開かれた新作『インセプション』のワールドプレミアの席上で語ったそうだ。

子供の頃から007映画を見ていたのか?

さて、先週末の全米の興行成績、個人的に注目の新作映画『Predators』が初登場第三位でかなりがっかりした。第二位は『トワイライト』の新作なので、まあこれはお祭り騒ぎと片付けるとして、第一位に『Despicable Me』という作品が入り、『Predators』は興収25百万ドルの第三位スタートとなってしまっている。

最近ではコケた『ウルフマン』や『プリンス・オブ・ペルシャ』以下の出だしとなっており、内容次第だがこれからどこまで興収を伸ばして行けるのか暗雲漂うといった感じだ。

映画の評価は映画評論家の評価が悪く、一般観衆の評価はまずまずで、まあ予想通り。映画評論家受けする映画ではないことは初めから分かり切っている。

救いなのは、結構なキャストを揃えた割に制作費が安くて何と4千万ドルのアクション映画としては破格の安さ。あまりに少ないので、映画の出来の方が心配になってしまった。

制作費の回収は問題ないだろうが・・・

今日は、ヤフー!のジオログにも新作を掲載してあります(↓)。是非ご覧ください。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/seasony24
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
メッシ いただきます。ありがとう

≫タコのパウル君
タコに関する日本と外国との違いがぬいぐるみにも現れているのにびっくり
日本風なら~タコの八っぁんだよ!少なくても可愛げになると思うのに…

マラドーラ監督は4年後も監督かも~ってNEWSが!
Nezu 2010/07/15 (Thu) 22:50 編集
引退撤回
へぇ、マラドーナ監督続投ですか?
闘莉王も引退を撤回したみたいで。
kwest 2010/07/16 (Fri) 15:42 編集
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]