忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


全米の人気ドラマ『24 TWENTY FOUR』よりカルロス・バーナードが演じたトニー・アルメイダを作品化、壁紙を制作した。
と言ってもトニー・アルメイダは既に作品化しており、今回はシーズン7に登場した「蘇ったトニー」で坊主頭。

『24 TWENTY FOUR』のシーズン2を見始めた。
過去に一度鑑賞しているのだが、やはり見始めると止まらくなくなり、あっという間に半分以上鑑賞してしまった。

記憶の薄いシーズンなのだが、ロサンジェルスに核兵器が持ち込まれ、テロに国内の過激派が絡んでいるということが分かり、妻を失い失意の底にあるジャックがパーマー大統領のたっての頼みでCTUに復帰し、潜入捜査を始める・・・というお話。
個人的には「可哀そうなジョージ・メイソン』のシリーズだ。

シーズン後半では定職につかずにブラブラしていたジャック・バウアーだが、シーズン2でもプータローだった。シーズン初めはまだ真面目に働いていた印象があったのだが・・・

馬鹿娘キムがシーズン2でも思いっきり暴走、暴走は遺伝だろう。本筋に絡むことなく、サイド・ストーリーでただただジャックとCTUに迷惑をかけまくるのだが、キムのエピソードはほとんど覚えていなかった。しかもシーズン毎に恋人が違うので、シーズン2に登場した彼氏のことなどまるで記憶になかった。

トニーはCTUのNo.2まで出世しており、シーズン2からはミシェルが登場している。ミシェルはジョージ・メイソンから「幸せは自分で掴み取るものだ」と言われてトニーをデートに誘う微笑ましいエピソードがある。

これが慣れ染めだった。


まだ登場人物がばたばたと死んでゆく前のシーズンなので、シーズン1のキャストがほとんど出演している。シーズン2までのキャストでシーズン8に出演したのは、主人公のジャックを除けば、娘のキムしかいない生存率の低さ。CTUなんかで働くものじゃない。
まあ、ジャックといい感じだったケイト・ワーナーのようにその後出演していないキャラもいるのだが・・・

今日は、ヤフー!のジオログにも新作を掲載してあります(↓)。是非ご覧ください。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/seasony24
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]