忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


人気ドラマ「ATARU」より中居正広が演じるアタルことチョコザイを作品化。
アタルの本名は「猪口在(いのぐち・あたる)」、音読みで「チョコザイ」と読めるので、「チョコザイ」というあだ名のようだ。個人的に時代劇を連想するのか「チョコザイ」というあだ名が妙にお気に入りで、第9話では、ご当人も「アタル」ではなく「チョコザイ」と呼んでもらいたがっていたので、作品はチョコザイという名前で制作してある。

「ATARU」は初回視聴率で19.9%を記録し、期待の高さを見せつけた絶好のスタートだったが、第二話で16.9%、第三話で10.9%と視聴率を下げ、このままフェイド・アウトするのかと思わせた。ところが第四話で13.8%と数字を戻すと、時に17%を超える視聴率を記録したりして、平均視聴率のトップをフジの月9「鍵のかかった部屋」と争っている。

脚本に「相棒」でお馴染みの櫻井武晴を起用しているので、刑事ドラマとして地に足が付いている感じ。むしろ今季は本家本元のテレビ朝日の方が刑事ドラマの出来がいまひとつのものが多い。
主演の中居正広が好演というよりも熱演、忙しいスケジュールを縫っての撮影でかなり大変なようだ。ドラマで眠ることができないアタルが描かれているが、ご当人も寝る暇もない忙しさだそうだ。結構癖のある声質なので、中居正広の台詞の少なさもドラマの印象をよくしていると言えるだろう。

スター・チャンネルで鑑賞中の米ドラマ「フォーリング・スカイズ」がいよいよ大詰めを迎えつつある。
エイリアンに占領されてしまった地球で生き残った人々が最後の戦いを挑もうとしている。「宇宙戦争」をドラマで見せてくれる意欲作で、制作総指揮をスティーブン・スピルバーグが務めている。ドラマの撮影現場に顔を出したり、脚本を手直ししたりと、単なる名前だけのプロデュースではないようだ。

基本的にドラマなので、派手派手なアクション・シーンやCGを使った宇宙人の登場シーンはそう多くない。特に物語が後半に入ると、宇宙人の登場シーンがめっきりと減ってしまった感じだ。流石にそうそう予算をかけられないのだろう。

その分、生き残った人々の人間ドラマに趣が置かれてあり、その辺はドラマで「ジュラシック・パーク」を見せようとした意欲作の「テラ・ノバ」と同じなのだが、人間ドラマが「フォーリング・スカイズ」の方がよく書けている分面白い。

ただ、かなり中弛みしてしまったので、最後の盛り上がりに期待したい。

米ケーブル・テレビの放送とあって、シーズン1は全10話、全米では今年の6月からシーズン2のスタートが発表されている。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
チョコザイ君いただきます。ありがとう。
見ていて「?」の部分もありますが
暗くならなくて好きです。
暗い異常なNEWSの中で 救いのなかなか見えないドラマは 見る時を選んでしまうんです。
Nezu 2012/06/14 (Thu) 09:34 編集
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]