忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ドラマ「リーガル・ハイ」の携帯電話待ち受け用画像を制作。
29日(火)に放送された「リーガル・ハイ」は、予告編を見ると「犬神家の一族」のパロディっぽかったので久々に鑑賞して面白かった。自分と同じように興味をもった人も多かったようで、視聴率は初回の12.2%がドラマ最高視聴率だったのだが、それを一気に更新して14.2%だった。

意外に堺雅人の金田一耕介、似合っていた。

「ウォーキング・デッド」のシーズン1を見終わった。
米ケーブル・テレビの放送とあって、全6話しかなかいシリーズだったが、評判通り質の高い人間ドラマが展開されていて、とても6話しかなかったとは思えない密度の濃さだった。物語はまだまだ続く感じで、シーズン2が楽しみになってきた。
気になるのはシリーズの生みの親とも言える制作総指揮のフランク・ダラボンがシーズン1で降板してしまったこと。ドラマの質にこだわり過ぎてケーブル・テレビ局の製作費カットの要求を飲まなかったことが原因だという話もある。確かに製作費のかかっていそうなドラマで、全6話の短さだったのは製作費の問題だったのでは?と思える。シーズン2は全13話だそうで、ケーブル・テレビ局としては、同じ製作費でシリーズを倍の13話にして放送したかったのだろう。

全米ではそのシーズン2の放送が昨年10月より始まり、今年の5月に放送が終了している。

さて、シーズン1だが、保安官のリック・グライムズは逃走犯を追跡している際に銃弾に倒れ、病院で昏睡状態に陥った。彼が目を覚ますと文明が破滅し、死体が歩き回る世界になり変わっていた・・・というお話。ゾンビ映画は数あれど、ドラマは初ということだが、ゾンビ・ドラマとあってかなりグロい。「ちょっとグロいドラマは・・・」という方にこそ見てもらいたいという宣伝文句だったが、グロいものはグロいとしか言いようがなく、ダメな方はやっぱりダメだろうと思う。

日本では2月からDVDのレンタルが始まっているようだ。
シーズン1が面白かったので、シーズン2も探して見ようかという気になったのだが、鑑賞中のドラマが多過ぎてちょっと今は手が回らない感じ。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]