忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2002年10月期のフジの月9で放送された「ホーム&アウェイ」より中山美穂が演じた中森かえでを作品化。
中山美穂関連でまた何か作品を作ってみたいと思い、「眠れる森」の資料を探してみたのだが、良い資料が見つからず、ではと「ホーム&アウェイ」で探してみたら何とか資料が集まった。

「ホーム&アウェイ」は中山美穂主演で平均視聴率13.7%と、当時の月9としては外れたドラマだったのだが、結構面白かった記憶がある。
脚本が「踊る大捜査線」の君塚良一だったので、初回放送から楽しみにしていて、最終回まで完走した。

結婚式を間近に控え独身最後の旅行として行った上海からトラブル続きで何故が家に帰ることができない・・・というドラマだった。
旅先で見知らぬ人々と触れ合うことにより自分自身を見つめ直すという結構高尚なテーマを含んだドラマだったのだが、ドラマのテイストはコメディで、その辺りも気に入っていた。

「アイアンマン3」の監督がシェーン・ブラックに決まったようだ。
あまり詳しくないが、シェーン・ブラックは「リーサル・ウェポン」や「ラスト・ボーイスカウト」の脚本家として知られ、「キスキス, バンバン」という映画で監督デビュー、低迷していたロバート・ダウニー・Jr.を起用し復活の足掛かりを作った人だそうだ。
その縁で大作「アイアンマン3」の監督を任されることになったようなので、ハリウッドでも人間関係は大事だということだろう。

過去二作で監督を務めたジョン・ファブロー監督は、今秋公開の「カウボーイ&エイリアン」の監督を務めているし、次回作はディズニーの「マジック・キングダム」に決まっており、大忙しのようだ。

シェーン・ブラック監督は、米ワーナー・ブラザースによる「DEATH NOTE」のハリウッド・リメイクの監督にも起用されているそうなので、どちらの公開が先になるのか知らないが、どんな映画を撮る監督なのか興味が湧いてきた。

今日は、ヤフー!のジオログにも新作を掲載してあります(↓)。是非ご覧ください。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/seasony24
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]