忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


全米の人気ドラマ「BONES」のシーズン3よりエミリー・デシャネルが演じるブレナン博士の新作を制作。
シーズン3第5話「ハロウィーンの悪夢」で、ハロウイーンの変装としてブレナン博士がワンダーウーマンに扮するエピソードがある。インパクト十分で作品を作ってみたくなり、資料を探しまわってこのエピソードからワンダーウマンに扮したブレナン博士を作品化してみた。

つい先日、久々に「BONES」シーズン3を見始めたと思ったら、もうシーズン4も残り数話になってしまっている。
陰惨な事件が題材になっているのだが、主人公のブースとブレナン博士の掛け合いが面白くて、ドラマに暗い雰囲気がないのが人気の原因だろう。

クリストファー・ノーラン・プロデューサー、ザック・スナイダー監督の期待の新作「スーパーマン/マン・オブ・スティール」のスーパーマン役として抜擢されたヘンリー・カビルが雑誌の取材に答えてスーパーマンの選考過程を明かしたそうだ。
それによると、昨年10月と今年1月の二回オーディションがあったそうで、スクリーンテストでは、シリーズ第1作「スーパーマン」でクリストファー・リーブが着用したスーツを着せられたそうだ。

ザック・スナイダー監督によれば、「今見ると失笑を買いかねない当時のスーツを着せることで、スーパーマンとしての素質を見抜きたかった」ということだ。

このスクリーン・テストでヘンリー・カビルは見事合格、「他の役者が着ると、冗談に見えてしまうが、ヘンリーが着ると、スーツは恐ろしいほど静かな自信を放つ。『ワオ、彼こそスーパーマンだ』と確信したね」とのこと。

新作は今年の夏には撮影に入るそうで、当然「スーパーマン」映画なのでCGに時間がかかるのだろう、公開は来年が予定されている。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ワンダーウーマンだ~!
ブレナン博士いただきます。ありがとう

≫ドラマに暗い雰囲気がない
これは気楽に見る側にとって救いだわ。
松田聖子が「シーズン5」に出るらしいけど
うまく溶け合っていれば良いけど。

≫『ワオ、彼こそスーパーマンだ』
楽しみね。
Nezu 2011/02/24 (Thu) 08:26 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]