忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ドラマ「古畑任三郎」より西村雅彦が演じた今泉慎太郎の新作を制作。
田村正和が「もうやらない」と言っている以上、「古畑任三郎」の新作が放送されることはないだろうから、西村雅彦演じる今泉慎太郎を見る機会もないことだろう。
フォーマットはそのままに、「古畑任三郎」の二番煎じのようなドラマでも制作すれば良いのにと思っている。どの道、「古畑任三郎」自体、放送開始当初は「刑事コロンボの二番煎じ」と言われていたが、何時も間にかそういう批判も聞かなくなってしまった。

さて、1月期のドラマもぼちぼち放送終了となるが、4月期のドラマも大体出そろったようだ。
個人的に刑事ドラマが好きでよく見るのだが、4月期はちょっと刑事ドラマが多すぎて、まあ芸のないライン・アップとなってしまっている。ざっと「ハンチョウ」「鍵のない部屋」「ANSWER~警視庁検証捜査官」「新・おみやさん」「都市伝説の女」「三毛猫ホームズの推理」「ATARU」当たりが刑事ドラマのようだ。

そんな中、フジの月9「鍵のない部屋」は面白そう。毎回、密室トリックが題材ということで、当たると大化けしそうではある。嵐の大野智主演、「SPEC」劇場版の撮影が終了したのか戸田恵梨香がまたヒロインとして出演している。

正直、あまり好きではない女優さんなのだが・・・

定番の「おみやさん」や観月ありさ主演の「ANSWER~警視庁検証捜査官」、長澤まさみ主演の「都市伝説の女」あたりは、テレ朝の刑事ドラマなので、まあ安心して見ることができそうではある。

ドラマは脚本家で見るタイプだが、刑事ドラマのようでもある法廷ドラマ「リーガル・ハイ」、堺雅人が金と名誉と女をこよなく愛する性格破綻者の弁護士を演じるドラマだ。このドラマの脚本は古沢良太、「ALWAYS三丁目の夕日」シリーズや「探偵はBARにいる」など映画ではその脚本家としての実力をいかんなく発揮しているが、テレビ・ドラマでは「相棒」でいくつか秀逸な脚本を書いているとは言え、単独脚本では「ゴンゾウ」「鈴木先生」と視聴率につながっておらず、「リーガル・ハイ」で悪いジンクスを吹き飛ばしてもらいたいものだ。ヒロインは新垣結衣とフジのドラマだけあって共演も豪華。

先日、竹野内豊主演のドラマ「もう一度君に、プロポーズ」がハリウッド映画と内容がそっくりという話を書いたが、この映画「君への誓い」という邦題がつけられ、6月1日より日本で公開されることが決定している。ぎりぎり日本ではドラマの方が放送が先になるが、映画の方は2月10日に全米で公開されており、こちらの方が先。映画公開時にはドラマとの相似性が話題になりそうだ。
ちなみに原題は"The Vow"で、聞きなれない"Vow"は「誓い」の意味。

今日は、ヤフー!のジオログにも新作を掲載してあります(↓)。是非ご覧ください。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/seasony24
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]