忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ドラマ「新・警視庁捜査一課9係」より渡瀬恒彦が演じる加納倫太郎を作品化。
7月期のドラマとして放送の始まった「新・警視庁捜査一課9係」、初回視聴率は14.8%とまずまずの出足だったが、第二話は視聴率15.3%と0.5ポイント上げている。人気シリーズの続編とあって、見ている人は見ているだろうから、たまたま初回の放送だけ視聴率が伸びなかったのかもしれない。

ついにメンバー交代かと思わせておいて、第二話では何時もの顔ぶれに戻り、「目出度し目出度し」といったところ。

加納倫太郎を演じる渡瀬恒彦、同じテレビ朝日の人気シリーズ「おみやさん」の鳥居勘三郎の方がシリーズが長い分、知名度が高いような気がする。ただ、視聴率を比べてみると、昨年の「おみやさん」第7シリーズは、最高視聴率15.4%、最低視聴率10.6%、平均視聴率13%となっており、同じく昨年放送された「新・警視庁捜査一課9係」第5シリーズの最高視聴率16.2%、最低視聴率13.3%、平均視聴率14.7%が若干上回っている。

個人的にも「おみやさん」は、時間があれば見ているといった感じで、「警視庁捜査一課9係」シリーズのように完走したことがない。
加納倫太郎も鳥居勘三郎も、どちらも推理力が抜群でちょっと変わり者な点が同じ。しかし、渡瀬恒彦、他にも「十津川警部シリーズ」や「公証人シリーズ」も抱えていて、刑事ものの当たり役を幾つも抱えている。

7月期のドラマもまだ出揃っていないが、夏は外出が増えて視聴率が落ちる傾向にあるとは言え、第二話目で視聴率を落とすドラマが目立っている。フジの月9「全開ガール」は初回14.6%から一気に第二話で9.8%と一桁視聴率に突入している。

日曜日の「華花対決」となった「華和家の四姉妹」と「花ざかりの君たちへ」だが、「仁」の後で流石に見劣りしてしまうが、そこそこ視聴率を稼いでいる「華和家の四姉妹」はともかく、「マルモ」の後で注目された「花ざかりの君たちへ」の方は第二話で視聴率6%を記録してしまった。見ていないのだが、口コミ情報が面白くて、悪趣味だがこちらを楽しみにしている。普通これだけ視聴率が下がると、口コミに文句を書くような人はもう見ていないので、コアなファンの手前味噌な内容ばかりになるものだが、まだまだ辛辣な意見が大半を占めている。

怖いもの見たさで視聴率が上がったりして・・・

今年の夏は、外出が減って外食産業は大打撃だそうだが、ドラマの視聴率が伸びないのはドラマが面白くないからだろう。
個人的にもDVDやネットを見ている時間が長くなる一方のような気がする。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
加納倫太郎いただきます。ありがとう。

「おみやさん」は石ノ森章太郎原作です♪
渡瀬恒彦さんは すっかり警部さんイメージが定着してますね。十津川警部のイメージもかなり。。。

最近のドラマって どこかで何かが似ているものが多い気がする。

≫「全開ガール」
先月たまたま汐留で食事している時、下を見ていたら撮影していたのが「全開ガール」!
真っ赤な着物が目立っていました。
でも~TV見るのは初回のみですが・・・
Nezu 2011/07/20 (Wed) 22:43 編集
全開ガール
「全開ガール」冒頭をチラと見ましたが、真っ赤な着物というと、ドラマの冒頭部分ですね。
良いですね、ドラマの撮影見ることができて。
kwest 2011/07/21 (Thu) 10:53 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]