忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ドラマ「BOSS」シーズン2より天海祐希が演じる大澤絵里子を作品化、壁紙も制作した。
天海祐希の原画を書き直したいとずっと思っていたので、「BOSS2」の放送が決定した時点から作品化を待っていた。
「BOSS」シーズン1からも一度大澤絵里子を作品化しているので、二度目の作品化となるが、原画は「GOLD」の原画を利用して書き起こしてある。

さて、「BOSS」シーズン2の初回視聴率は16.3%とかなり予想外の数字。前シーズンの初回視聴率が18.1%だったことを考えると、「あれっ?」という感じだった。
口コミを読むと、ノリが軽すぎた点とレギュラー・メンバーの交代に関して批判的な意見が多かった。確かに刑事ものには不似合いなギャグ連発の初回だったが、まあ多少やり過ぎの感はあってもこれは前シーズンからあったものだから、やはりレギュラー・メンバーの交代の方が大きかったのかなと思っている。

「ハガネの女」が同時期に重なってレギュラーを外れた吉瀬美智子はともかく、人気絶頂の戸田恵梨香が長谷川京子に代わったことに対して批判が多かった。

初回放送直後はとにかく「がっかり」と批判も多かったが、ぼちぼち評価も上向いてきているようだ。第二話の視聴率は15.5%と初回を下回ったが、初回で17%の視聴率を記録した「遺留捜査」の第二話の視聴率14%を上回っている。落ち幅は少なかったようだ。
視聴率は悪くなかったようだが、個人的には放送回数を増やすために無理に二話に分けたような感じて演出が間延びして緊迫感が足りなかったことが残念だった。折角、凝ったオチを準備してあったのだからもう少し小奇麗にまとめて初回拡大版で結末まで描いた方が良かったと思う。


前シーズンの平均視聴率17%、最高視聴率20.7%はかなりハードルが高そうだが、もともと人気ドラマの続編、どこまで前シーズンに迫ることができるのだろうか?
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
大澤絵里子頂きます。ありがとう。

前後編はテンションを維持するのが難しいわね。
前シーズンより確かに悪乗り気味に誇張された部分が鼻に付く感じ。
それでも見てしまう。

≫「遺留捜査」
味が出るのはこれからかな・・・
来月近くで撮影があるとか♪
時間が許せば見に行く気満々!!
Nezu 2011/04/29 (Fri) 09:05 編集
水野美紀
へぇ!そうでうすか。
近所で撮影とは羨ましい。

昔、葛西に住んでいた時に、「恋がしたい恋がしたい恋がしたい」というドラマの撮影を近所でやっていました。
水野美紀と渡辺篤郎主演のドラマで多分撮影に来ていたはずですが、残念ながら見ることはできませんでした。
kwest 2011/04/29 (Fri) 11:42 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]