忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


特撮ドラマ「宇宙鉄人キョーダイン」よりスカイゼルを作品化。
「宇宙鉄人キョーダイン」は、1976年4月2日から1977年3月11日まで全48話が放送された。石ノ森章太郎原作により特撮ドラマで、月刊少年マガジンに漫画版も連載されていたそうだ。

「ポスト仮面ライダー」として制作された意欲作だったようだが、正直全く覚えていなかった。
雑誌で読んで、「そう言えばそんな特撮ドラマがあったようななかったような」というあやふやな記憶しかなく、資料を集めて作品化してみても、まだはっきりと思いだせない。

「ファースター 怒りの銃弾(Faster)」という映画を見た。
”ザ・ロック”ことドウェイン・ジョンソン主演の映画で、銀行強盗団の一員で仲間に裏切られ兄を殺された男が刑務所を出所したその日から復讐に暴走するというお話。

全米では2010年11月24日に公開され、興収は23百万ドルだった。アクション映画としては少なめとは言え制作費は24百万ドルもかかっているので、全米では赤字映画となってしまっている。
全米以外での興収も軒並み不調で1千万ドルしかなく、日本では5月21日に公開予定となっているが、日本での興収が一縷の望みかもしれない。

最近は「ゲット・スマート」のようにコメディ映画の出演がやや多かったドウェイン・ジョンソンが久々に復讐の鬼と化す元受刑者を好演している。もっともアクションは銃撃戦が多くて折角ドウェイン・ジョンソンを主演に持ってきたのに肉弾戦は少なめ。なんかかなりもったいない気がする。

復讐を縦糸に退職間近の麻薬中毒のベテラン警官のエピソードを絡めながら物語が進んで行く。この警官のエピソードが暴走する復讐劇に水を差す形となり、ぷちぷちと映画が細切れになるような感じでかなり残念。
エピソードを細切れにして復讐劇に挟まずに、映画の前半でまとめて見せた方が良かったのではと思う。

ジャック・バウアーばりのドウェイン・ジョンソンの暴走振りが印象に残る映画だが、伏線が単純すぎて裏切り者が誰なのかとか、ラストのオチまで結構見え見えの展開でひねりのないのが残念。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
スカイゼル(宇宙鉄人キョーダイン)
戴きます。ありがとう!

当時は特撮ばやりだったからね~!
インパクトは無かったかもしれませんが この時間帯はしっかり特撮物の継承がなされていましたね~♪

≫ドウェイン・ジョンソン
すぐ頭に浮かぶのはプロレス。。。
肉弾戦は少なめなんて不思議な演出ね。
Nezu 2011/04/27 (Wed) 23:07 編集
思い出せません
キョーダイン、ご記憶ですか?
色々調べても、どうにも思い出せません。
kwest 2011/04/28 (Thu) 09:54 編集
歌詞が石ノ森氏なんです。
仮面ライダー出演者がいっぱい出ていたのを記憶しています。
Nezu 2011/04/29 (Fri) 08:53 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]