忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ドラマ「アンフェア」より瑛太が演じた安藤一之を作品化。
「アンフェア」はオリジナルのドラマが一番面白かった。今年封切られた劇場版の第二弾は未見のため何とも言えないが、今更・・・な逆風にもめげずに映画はヒットしたようだ。そこで劇場版の公開を記念してでもないが、個人的に一番面白かったドラマから瑛太がブレイクするきっかけにもなった安藤一之を作品化してみた。

瑛太は1月期のドラマ「ラッキーセブン」にも出演していたが、こちらでは松本潤目当てにドラマを見始めて、瑛太にはまってしまった人が結構多かったようで、そう言ったコメントがたくさん出ていた。確かにドラマで瑛太は良い役だったし、演技も良かった。惜しむらくはドラマの途中で出番が急になくなってしまったことだろう。
映画「ワイルドセブン」の撮影でも入っていたのかもしれないが、映画の方は大コケだったという噂を聞いた。

NHKの大河「平清盛」も最近低視聴率の話題ばかりだが、ふと大河ドラマの撮影は毎年8月くらいから始まっていることを思い出した。8月くらいから撮影を始めて翌年の同時期くらいまで一年かけて撮影している。一年間放送の大河ドラマだから当たり前だが、とすると撮影自体、四ヶ月くらい放送より進んでいることになる。
1月に大河ドラマの放送が始まり、「画面が汚い」と言ったクレームが出たり、低視聴率に喘ぎ一向に改善の気配を見せずスタッフが慌て始めたりしたしても、ドラマの制作は四ヶ月進んでいるとすると、春先まではもう放送分の撮影も終わっていてどうすることもできないということになる。

特に「平清盛」は画面の汚さ以前に、脚本の出来の悪さが公然と批判され始めているので、ここにテコ入れを始めたとしても軌道修正されたドラマが放送されるのは、早くて夏辺りという計算になる。

今年の夏はロンドン五輪が開催される。

画面が平安風に煌びやかになって、脚本も多少出来が良くなったにしても、既に時遅しとなることは間違いないだろう。視聴者の多くは、漫画大河「平清盛」を見るよりは、五輪の中継にかじりついていることだろう。

そう言えば昨年の「江」もお伽話大河として評判が悪かったが、最近、上野樹里の話を聞かない・・・

今日は、ヤフー!のジオログにも新作を掲載してあります(↓)。是非ご覧ください。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/seasony24
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]