忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画「ゴジラ対メガロ」に登場したメガロを作品化。
映画が公開されたのが1973年、メガロはシートピア海底帝国の守護神。人類の地下核実験によってシートピア海底王国が壊滅的な被害を受け、海底帝国に住むシートピア人は守護神メガロを地上に送り込む・・・というお話だったようだ。すっかり忘れてしまっている。

ゴジラ映画に登場した怪獣にしては、やや知名度が低い感じ。子供の好きなカブトムシをモチーフにしたデザインなのだが、人気がないのが不思議なほど。同じカブトムシ・デザインで「ウルトラマン」に登場したアントラーの方は結構人気があるのに・・・

さて、英国BBCで年初に放送された「シャーロック」のシーズン2を見終わった。
シーズン2と言っても計三話、一話当たり一時間半あるので、二話分としても計六話分しかないことになる。ドラマが面白かったこともあり、あっさりと見終わってしまった。シーズン3の制作が決定しているようだが、シーズン3が待ち遠しい感じ。

「シャーロック」は題名の通りシャーロック・ホームズが現代に生きていたら・・・というお話。現在のロンドンの街で名探偵として活躍するシャーロック・ホームズの活躍が描かれている。英国では二時間ドラマとして放送されたようだ。
ロバート・ダウニー・Jr.主演の劇場版「シャーロック・ホームズ」をドラマの合間に鑑賞したこともあって、ちょっと個人的に錯綜しているところもあるのだが、正直、派手派手なアクション映画だった劇場版パート2よりも面白かった。
映画同様、モリアーティとの対決が主軸に描かれており、シーズン1はその点がやや口説く思えたのだが、シーズン2ではその辺も改善されている感じ。

そしてシーズン・フィナーレは「あっ」と驚く展開・・・まさか、まさかから「えっ」と驚いたところでドラマが終わってしまう。

どうにも台詞が芝居がかっているのは英国ドラマの欠点のようだが、脚本はよく書けているし、シーズン2はどのエピソードも面白い。ホームズ&ワトソン博士の二人のコンビもすっかり違和感がなくなり、現代にシャーロック・ホームズがもしいたら・・・という絵空事にリアリティを与えてくれている。

シーズン2では謎を残したままの終わり方だったので、シーズン3でその謎解きを早く見たいものだ。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]