忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スペシャル・ドラマ「SP革命前夜」より堤真一が演じた尾形総一郎を作品化。
スペシャル・ドラマは見たが、劇場版の方は、まだ「野望篇」も見ていないのだが、「革命篇」のDVDが来月26日には発売されるようだ。こうなると「革命編」の発売を待って、一気に「野望篇」「革命篇」を見てみようかという気になっている。

「野望編」は2010年10月30日に公開され、興行収入は36.3億円だった。「革命篇」は少し落ちて興収33億円だったようで、固定ファンが多かったとも言えるし、新規ファンを取り込めなかったとも言えるかもしれない。

ドラマ版は「面白い」と思ったが、映画になって話が膨らみ過ぎて現実味が薄くなった感もある。ドラマからスペシャル・ドラマ、映画へと話が膨らみ続け、どんどんフェード・アウトしていった「アンフェア」と被ったことろがあるのは、フジならではかもしれない。
「アンフェア」は懲りずにまた映画化の話が出ている。

「SP」もそのうちまた映画化されるかも・・・

さて先週末に全米では「トランスフォーマー3」が公開されたが、期待通り初登場第一位を飾り、興行収入は97百万ドルだった。残念ながら1億ドルの大台突破はならなかったが、「パイレーツ・オブ・カリビアン4」を抜いて今年のオープニングの興行成績のトップとなった。
「トランスフォーマー2」は1億ドルを突破したので、単価の高い3D映画で1億ドルを下回ってしまったということは、見た人は前作より少なかったということになる。

前作が興収ほどには面白くなかったことが息切れの原因かもしれない・・・

最も「パイレーツ・オブ・カリビアン4」同様、人気シリーズの最新作とあって世界中のあちこちで大ヒットしているようで、1億95百万ドルの超大型プロジェクトだが、世界興収は公開週末だけで3億7千万ドルを越えており、制作費に宣伝費を乗せて回収してしまった感じだ。

恐るべし・・・

今日は、ヤフー!のジオログにも新作を掲載してあります(↓)。是非ご覧ください。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/seasony24
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]