忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ドラマ「ダブルス~二人の刑事」より伊藤英明が演じる山下俊介を作品化。

さて先週の全米ボックス・オフィス、気になる「スタートレック」シリーズ最新作「イントゥ・ダークネス」が公開され、「アイアンマン3」を首位の座から引き摺り下ろして初登場第一位を飾っている。公開初週の興収は7千万ドル、前売り券が飛ぶように売れていると噂されていたので、もう少し高い数字を予想してしまっていた。
ちなみに前作の公開初週の興収は75百万ドル、前作を若干下回る結果となっている。前作の最終的な全米での興収は2億58百万ドル、世界興収は3億86百万ドルだった。制作費は1億5千万ドル、十分儲かった作品だった。
そして本作の制作費は1億9千万ドル、全米での興収は前作に届かないかもしれないが、シリーズものなので全米以外で興収を伸ばしてきそうだ。最終的に世界興収は前作を上回るのではと思っている。

そして第二位に順位を下げた「アイアンマン3」だが、世界興収が10億ドルを突破している。全米での興収もシリーズ最高を記録しそうで、主演のロバート・ダウニー・Jr.が「アベンジャーズ」への出演は契約していても「アイアンマン4」への出演は今のところ白紙だそうだが、この成績なら多少ギャラが高くてもロバート・ダウニー・Jr.の続投が決まりそうだ。ロバート・ダウニー・Jr.にしてもやっと手に入れた「当り役」、そうそう簡単には手放せないだろう。

しかしマーヴェルもディズニー傘下となってから絶好調、正にウィンウィンの関係。

「ミッション・インポシブル5」の製作が決まったトム・クルーズの新作「オブリビオン」、個人的にはかなり興味津々な映画なのだが、全米の興収はいまひとつに終わりそうだ。公開五週目で全米での興収は85百万ドル、この先そう大きく伸びそうも無い。
制作費は1億2千万ドルなので、全米での興収では赤字映画必至、もっとも主演がトム・クルーズとあって全米以外では1億73百万ドルも稼いでいる。

流石人気スター。

ただ、前作の「ジャック・リーチャー」の興業もいまひとつだったので、トム・クルーズが「ミッション・インポシブル」にこだわるのも分かる気がする。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
山下俊介いただきます。ありがとう!

≫「イントゥ・ダークネス」
「スタートレック」シリーズは全て見ているので楽しみ!
最近この手の作品が少なくて・・・
トム・クルーズ~♪は素敵だけど・・・映画館でとなると選んでしまうわね。
≪Madame Tussauds 東京≫に「はちたま」のついでに行ってきた。
ついでのはずが結構写真バチバチと遊んでしまったわ。
Nezu 2013/05/24 (Fri) 07:59 編集
マダム・タッソー
香港のピーク頂上駅にマダム・タッソーがあり、何度か訪れたました。
有名人と写真撮り放題なのが良いですよね。ビートルズと一緒に写った写真なんかあります。親父はマリリン・モンローとのツーショットを飾っています。

懐かしい・・・
kwest 2013/05/24 (Fri) 08:47 編集
無題
トムクルーズ。
一度も好きになれた事がありません・・。

離脱ラバ URL 2013/06/05 (Wed) 09:22 編集
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]