忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


懐かしのドラマ「探偵物語」より松田優作が演じた工藤俊作を作品化。
前に角川映画の「探偵物語」より松田優作を作品化したが、ドラマは同じタイトルのまったくの別物。1979年9月18日から1980年4月1日まで日本テレビ系で全27話が放送された。「大都会」の後番組だったようで、ドラマの前半は視聴率20%前後の高視聴率だったそうだが、後半はおちゃらけが過ぎたのか視聴率が失墜してしまったとのこと。確かにドラマの前半は見ていた記憶もあるのだが、どうにもふざけたドラマで最終回まで見た記憶がない。

2012年1月より全米で放送が始まった「アルカトラズ」というドラマの第一話を鑑賞した。
J・J・エイブラムスが手がけたドラマで、もうひとつの"Person Of Interest"の方は新作ドラマとしてドラマ部門のトップ10に食い込む破格のスタートを決めている。見たくて探しているのだが、まだ見つかっていない。

さて、「アルカトラズ」だが、1963年、サンフランシスコ湾内に浮かぶアルカトラズ刑務所から囚人・看守が突然消えてしまう。その後アルカトラズ刑務所は維持費の高騰から閉鎖されてしまうのだが、消えた囚人が突然現代に当時のままの姿で現れる・・・というお話。
いかにもJ・J・エイブラムスらしいドラマで、お得意の謎が謎を呼ぶ展開。第一話を見ただけなので詳しくは知らないが「また、パラレル・ワールドものなのかな?」と思ってしまった。

「ジュラシック・パーク」でお馴染みのサム・ニールや「LOST」のハーリー役を演じたホルゲ・ガルシア(あの超肥満の・・・)が出演している。

初回は二時間スペシャルだったようで、視聴者数も1000万人を超えるまずまずの出だしだったようだ。
ところが放送を重ねる毎に視聴者数を減らし、「フリンジ」もJ・J・エイブラムス自ら脚本を手直ししてテコ入れが行われたが、「アルカトラズ」も脚本を書き直したり、一部撮り直しを行ったりしてテコ入れの真っ最中のようだ。

既に打ち切りの噂もちらほら。

さて、第一話を見た感想は、正直「謎が謎を呼ぶ展開はもううんざり」と言った感じ。「LOST」ですら途中で飽きて完走できなかったのに、また同じようなドラマで、ちょっと付き合いきれない印象だった。囚人たちの過去と現在が目まぐるしく交差する演出も「LOST」そっくり。
そこそこ面白かったのだが、また「パラレル・ワールド」を持ち出されると、一気に興醒めしてしまいそう。

消えた囚人・看守が300人以上もいるので、話をいくらでも膨らませることができそうで、長寿シリーズを目指したのだろうが、思惑も外れてしまったようだ。

今日は、ヤフー!のジオログにも新作を掲載してあります(↓)。是非ご覧ください。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/seasony24
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
工藤俊作(探偵物語) いただきます。ありがとう。

わ~ん 懐かしい!
当時は この手のドラマは新鮮だったわ~!
≫「アルカトラズ」
う~ん 「プリズンブレイク」と「Lost」の二番煎じはちょっと当分触手が動きそうにないわ。

昨日は かなりの地震が。。。
何度も地震があって 昨年の3.11が嫌でも頭に浮かぶ。でも
余震域から外れているらしい事が逆に不安だわ。
雪崩や雪崩と土砂崩れが まだ継続してると言うし。
パラレルワールドは現実逃避に良いかも。
Nezu 2012/03/15 (Thu) 17:09 編集
「懐かしい」フレーズ
おおっ!今年の目標の「懐かしい」フレーズが聞けました(^^)
kwest 2012/03/15 (Thu) 17:36 編集
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]