忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画「スター・ウォーズ」よりマーク・ハミルが演じたルーク・スカイウォーカーを作品化。
「おっ、懐かしい」が今年のテーマなので、今まで敬遠してきたルークを作品化した。「スター・ウォーズ」からハリソン・フォードがブレイクして大スターとなっていったことからも分かる通り、やっぱりエピソード4~6で魅力的なキャラと言えばハン・ソロ船長だろう。主人公のルークやレイア姫は、どうにも作品化したいという気が湧かなかった。

重い腰を上げてやっと作品化・・・

という訳でもないが、似顔絵がなかなか似なくて四苦八苦してしまった。結構特徴のある顔立ちに思えたが、印象の薄い顔立ちでもあるので、特徴が捉え難かったのが原因だろう。

「やるやる詐欺」状態だった「ロボコップ」の制作が決まりつつあるが、まだまだ「やるやる詐欺」状態にある企画も多く、そのひとつ「24」の映画版の制作がまたまた延期になってしまったようだ。
延期になってしまった原因は製作費で、制作の20世紀フォックスは製作費として3千万ドルを準備すると言っているが、スタジオ側は倍の6千万ドルを要求しているということだ。また、主演のキーファー・サザーランドが4月から新作ドラマ"Touch"の撮影に入ってしまうこともあり、「24」映画版の制作は延期されてしまった。

まあ、「またか」という感じ。

20世紀フォックスの製作費3千万ドルというのは、確かにこの手のアクション映画としてはかなり少ない額。倍の6千万ドルだとそこそこ派手なアクション映画が撮れるだろう。えらく「24」映画版に対する評価が低いようで、全米では当たらないと踏んでいるのかもしれない。

スタジオ側の製作費高騰の原因のひとつにキーファー・サザーランドのギャラもあるそうで、キーファー・サザーランドは出演料として5百万ドル、最低でも3百万ドルを要求しており、スタジオ側の希望の2百万ドルとまだ百万ドルもの開きがあるそうだ。

なんとなくキーファー・サザーランドがむちゃな要求をしているように聞こえるが、ハリウッド・スターのギャラなんてそんなものだろう。現在ハリウッドでギャラが最も高いアンジェリーナ・ジョリーと比べても仕方がないが、アンジェリーナ・ジョリーだと映画一本当たり1千5百万ドルから2千万ドルという噂だ。日本なら優に大作映画が一本撮れてしまうギャラだ。
一応、ハリウッド・スターのキーファー・サザーランドのギャラなので、3百万ドルくらいはかわいいものだろう。

と書いて、ちょっと浮世離れしていて馬鹿らしくなってしまったが・・・

取りあえず「24」のスタッフが制作した「イベント」というドラマが話題になっているので、それでも見ながら気長に待つしかないだろう。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
Luke Skywalkerいただきます。ありがとう。
≫「おっ、懐かしい」
その時代時代のエピソードが目に浮かぶわ。

ギャラ・・・
ドルじゃなくて円だって 夢のような金額の気がする庶民です。。。
Nezu 2012/03/16 (Fri) 14:07 編集
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]