忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ドラマ「ブラッディ・マンデイ」より吉瀬美智子が演じた折原マヤを作品化。
今更な作品化なのだが、ただ吉瀬美智子で作品を作ってみたかっただけ。

【巨人×阪神ドラフト一位対決(1)】

既に何度か書いたが江川入団以来の巨人ファンである。それまで野球は嫌いだったので、江川のこともほとんど知らなかったのだが、江川の入団は「空白の一日」として日本中を騒がす大事件となり、野球に興味もなかった自分でも連日耳にすることが多かった。
「江川って、そんなに凄い選手なのか?」という単純な疑問から、巨人戦を見るようになり、「これだけ日本中から嫌われると、江川を応援する人もいないだろうな?」と生来の天邪鬼な性格から江川を応援し始めた。

さて、巨人の選手、ふと思い返してみると意外にドラフト一位で活躍した選手が多いような気がした。長嶋監督時代にとにかくFAで大物選手をかき集めてしまったので、巨人は育成下手な印象が強いが、結構ドラフト一位の選手も活躍しているような気がする。
という訳で巨人のドラフト一位選手について調べることにした。ただ調べても面白くないので、ドラフト下手で有名な阪神のドラフト一位と比較して、投手と打者では比較も難しいが、現役時代の成績に基づき独断と偏見で勝敗を決めてみる。

「空白の一日」事件により巨人がドラフトをボイコットした1978年以降の選手で比べてみることとした。

【1979年(昭和54年)】
この年の巨人のドラフト一位は市立尼崎高出身の林泰宏という投手で、全く覚えていない。成績を調べてみると、一軍での登板はなかったようだ。一方、阪神は現オリックス監督の岡田彰布。早稲田大卒だが高校は大阪の北陽高校出身。ドラフトでは六球団が競合し、阪神が地元の意地を見せて抽選で引き当てた。岡田のプロでの実績は通算1520安打、247本塁打と巨人・林を圧倒しているので、先ずは阪神が一勝。

巨人 0-1 阪神

【1980年(昭和55年)】
巨人のドラフト一位は現巨人監督の原辰徳、四球団が競合したが巨人が抽選を引き当て、確か原も巨人希望だったと思う。プロ入り一年目から大活躍で「凄い新人が出てきた」と思ったものだ。当時三塁のレギュラーだった中畑を一塁に追いやり、サードのポジションを奪い取った。その後「チャンスに弱い四番打者」として有名になってしまうのが嘘のような期待に溢れた新人時代だった。まあ、巨人の四番として、王、長嶋と比べられてしまったことが、原の最大の悲劇ではある。通算1675安打、382本塁打。阪神のドラフト一位は原と新人王を争った日産自動車出身の投手・中田良弘、新人として6勝を上げる活躍だったが、その後意外に伸び悩んでしまった。故障でもあったのかも。通算成績は33勝23敗。どちらも活躍した選手だが、実績ではやはり原が上だろう。巨人一勝でこれで一勝一敗。

巨人 1-1 阪神
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]