忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ドラマ『熱海の捜査官』よりオダギリジョーが演じた星崎剣三の新作を制作。今度はコートを羽織った姿で作品を作って見た。
『熱海の捜査官』も最終回を迎えてしまった。視聴率的には第一話から一桁視聴率で期待の低さを伺わせてくれたが、個人的にはそこそこ興味を持って最後まで完走できたドラマだった。

三木聡×オダギリジョーとあって、『時効警察』みたいなドラマになるのかと思っていたが、意外に和製『ツインピークス』なドラマだったのには驚いた。ドラマのオチは京極夏彦風、「最後にあっと驚く結末」と言うのはほど遠く、折角累々と築き上げてきたものが最終章でがらがらと崩れ去ってしまった印象。全八話の短いドラマだった。

主人公が広域捜査官という設定だったので、新しい事件を求めて続編が・・・的な感じでストーリーが続いていたのだが、それもラストでひっくり返ってしまった。まあ視聴率的に続編は厳しかったので、ああいう終わり方になったのかもしれない。
何だか不思議なドラマだった点は評価できると思う。

劇場版「仮面ライダー」シリーズの最新作『仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカルMOVIE大戦CORE(コア)』の製作発表が行われた。最新作では、吉川晃司が再び「仮面ライダースカル」役で再出演する。
初のドーパント事件が起こったころの風都を舞台に、鳴海探偵事務所の初代所長・鳴海荘吉が仮面ライダースカルになった誕生秘話を描いた映画で、三部構成になっているそうだ。

映画は12月18日から全国公開予定で、まあ製作発表が行われたからと言ってこれから撮影ではないだろうが、それにしても上映までの期間が短いのにはびっくりしてしまう。
それでいて劇場版の「仮面ライダー」は、そこそこ出来が良くて、製作費もテレビ版よりも多いようで、CGが結構ふんだんに使われていて見応えがある。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
星崎さん戴きます。ありがとう

『熱海の~』は期待に反して・・・
終わり方も不思議でした。

最近の仮面ライダー~予算かなり掛かっているようね。
でも子供と言うより 大人が見に行くから・・・
Nezu 2010/10/08 (Fri) 18:51 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]