忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ドラマ「ラッキーセブン」より松本潤が演じた時多駿太郎を作品化。
ドラマ放送中に作品化しようと思ったのだが、松本潤の原画を起こすのが大変そうだったので、ちょっと敬遠してしまっていた。7月期のドラマにあまり作品化したいキャラクターがいないので、思い出して作品化してみた。

豪華キャストで放送されたフジの月9だったのだが、最高視聴率16.9%、最低視聴率13.6%、平均視聴率15.5%という結果で1月期のドラマでは平均視聴率でトップだったが、半年クールで放送された「相棒」には勝てず、個人的にも途中で挫折してしまった。
最近は役柄に恵まれない感のある松本潤、本作で演じた時多駿太郎もはっきり言って瑛太が演じた新田輝に食われてしまっている。

8月4日より「遊星からの物体X ファーストコンタクト」の全国公開が始まるようだ。
オリジナルは1982年に公開された「遊星からの物体X」、実に30年振りの続編公開となる。続編と言っても最近流行りのプエリクル、前作で遊星からの物体Xを掘り当ててしまったノルウェー隊のお話。ちょうど、本作が公開されている頃にオリジナルを見る機会があり、オリジナルを復習してから、本作を見ることができた。結構、細部にわたって、二作品が繋がるように脚本が練られている。

個人的に好物の作品とあって、映画は面白かった印象があるのだが、映画の鑑賞記録を読み返してみた。結構前に見た作品で昨年末に鑑賞している。
「(最終的に前作に繋がって行く作品なので)結果は見え見え、当時は最先端だった物体Xを現在のCGで描いたらさぞ面白いものになるかもと思っていたのだが、これが意外に新鮮味がなくてつまらない。既にこの手のCGは他にごまんとある感じ」という感想が書かれてあった。

昨年末時点では映画は興行的に失敗に終わっていたのだが、今調べ直してみてもやはり興収は散々たるもの。結構派手派手なCG作品なのだが、製作費は38百万ドル、まあ顔と名前の一致する俳優さんは皆無なので、キャストではお客を呼べない作品。世界興収は27百万ドルとまるで製作費を回収できていない。日本で少しでも回収しておきたいところだろうが、生憎この手の映画は日本ではまず当たらない。

一体誰が物体Xなのか・・・という楽しみは変わらない作品。劇場はともかく、レンタルでなら十分楽しめる作品だと思う。もともとオリジナルも折からのレンタル・ブームに乗って有名になった作品だった。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
時多駿太郎いただきます。ありがとう。
≫「遊星からの物体X」
すごくどきどきしたし 終わり方が 「つづく」といっているような。。。
でも今の技術だからこそ 陳腐になっちゃったのかしら?
DVDまでまちます。ちょっとは見たいから。
Nezu 2012/08/01 (Wed) 20:05 編集
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]