忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


NHKの朝ドラ『ゲゲゲの女房』より松下奈緒が演じる村井布美枝を作品化。
NHKのドラマから作品を作るのは初めてとなる。あまりNHKのドラマは見ないが、そう言えば今年は『龍馬伝』を見ているし、『ゲゲゲの女房』も見ているので、NHKのドラマをよく見ているようだ。

『ゲゲゲの女房』は水木しげるの奥さんの半生記をドラマ化したものだが、そう言えば水木しげるの『ゲゲゲの鬼太郎』はテレビ・アニメでしか見たことがないような気がする。漫画の方は『墓場の鬼太郎』という題だと言うことは知っていたが、漫画を読んだ記憶がない。
水木しげるの代表作と言うと、『ゲゲゲの鬼太郎』以外は、『河童の三平』『悪魔くん』ということになるらしいが、どの作品も漫画で読んだことがない。


15日(土)に『トリック新作スペシャル』が放送され、視聴率は17.4%だった。何だか微妙な数字で、決して悪い視聴率ではないのだが、2005年に放送された前回の「新作スペシャル」の視聴率が24.7%だったことを考えると、思ったほど伸びなかったと言えるだろう。
正直視聴率20%前後は行くのかと思っていた。

内容の方は、もともと横溝正史っぽいエピソードが多いのだが、「悪魔の手毬歌」テイストの作品で、「トリック」らしさは出ていたと思う。
堤幸彦の演出は相変わらず小ネタが多いし、阿部寛演じる上田次郎の髪の毛が短かったことを除けば、作品世界はまるで変わっていなかった。

とは言え謎解きの面では、樽を使ったトリック以外かなり杜撰なトリックだし、山田奈緒子がトランプを使って手品をしてみせるお馴染みの場面の無かったし、最後の時間合わせのための無理やり引っ張ったような演出はいただけなかったしで、ドラマを見ていてチャンネルを変えた人が結構いたであろうこともうなずけた。
結局は放送時間を通しての視聴率なので、二時間視聴者をくぎ付けにできるほど、脚本が練られていなかった感じだ。

映画化でボツになったエピソードをドラマ化したような・・・

個人的にお気に入りのドラマなので、多少不満はあっても十二分に楽しめた。公開中の劇場版が楽しみだ。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TVもあってよかった
村井布美枝 いただきます。ありがとう

トリック~
映画はまだ行けそうにないから
TVで十分楽しめました。ルンルン
Nezu 2010/05/19 (Wed) 23:52 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]