忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ドラマ「結婚しない」より天海祐希が演じる桐島春子を作品化。
菅野美穂&天海祐希という女性支持の高い二大女優を主演にもってきたドラマ「結婚しない」は、初回視聴率13%でスタートし、第二話では初回を上回る13.6%を記録した。このまま視聴率が右肩上がりの人気ドラマになるかと思いきや、第三話では視聴率は10.3%に急落、その後は一進一退といった感じ。
平均視聴率で12%、意外に視聴率の伸びない秋のドラマの中では平均視聴率上位に食い込んではいる。

ドラマは、菅野美穂と天海祐希の世代の超えた女性同士の友情物語の雰囲気があったのだが、ドラマが進むに連れて、タイトル通り「結婚」を前面に押し出したつくりとなっていることが分かってきた。この辺りが視聴率の分かれ目だったような気がする。かなり「結婚、結婚」とうざったい。独身女性ならもっとそう感じるだろう。なかなか共感をもつ人も少ないのでは・・・

「Perception」という米ドラマを鑑賞している。
「キャッスル」を見ていたのだが、NHKのBSプレミアムでシーズン1が放送中なのに気がつき、当面はそちらを見ることにして、「Elementary」というドラマを見始めたのだが、こちらは現在放送中のドラマ。放送は週に一回、待ち時間があるので、他に何かと探していたら、「Perception」というドラマが目に留まった。個人的に好きな刑事ドラマのようだったので、早速鑑賞してみた。

エリック・マコーマックという俳優さんが演じる、神経科学のダニエル・ピアース教授が主人公のドラマ。ピアース教授は、たぐいまれな人間心理の知識と洞察力を買われFBIのアドバイザーとして事件捜査に協力しているのだが、統合失調症を抱え、教授にしか見えない人間が現れ、事件解決の糸口を提示してくれるというドラマ。
この教授にしか見えない人間というのがミソで、ドラマに唐突に現れる人物がズバズバと犯人を特定してしまうと、ドラマはまるで面白みもないものになってしまうのだが、この人物は所詮は教授の分身なので、事件解決のヒントを与えてくれるだけ。しかも、教授自身は自分にしか見えないということが分かっていたり、分かっていなかったりするので、見ている視聴者もドラマの登場人物の一人かと勘違いしてしまったりする。

失敗するとドラマを台無しにしてしまう設定なのだが、上手くバランスを取っている。

まあ大体は教授にしか見えない人物は、異様な格好をしていたりするので、一見して分かってしまうのだが・・・

変人の探偵が主人公の刑事ドラマは、正直もう飽和状態。その中で、また新たな変人探偵の登場なのだが、謎解きのミステリーとしてよく出来ているのでドラマは面白い。FBIエージェントのケイト・モレッティと組んで事件を解決する、男女のバディものという点でも、「キャッスル」「Elementary」と同じで、目新しさはない。FBIエージェントのケイトを演じるレイチェル・リー・クックという女優さんが、童顔でお人形さんのような顔立ちで、どうにも敏腕FBIエージェントに見えない点が、特徴的ではあるが・・・

米ケーブル・テレビで放送されたドラマのようでシーズン1は全10話、既にシーズン2の放送が決まっている。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]