忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ドラマ「結婚しない」より菅野美穂が演じる田中千春を作品化。
どこか昔懐かしい感じのドラマで、初回から数話鑑賞したのだが、最近はちょっとご無沙汰。飽きたというより、一話放送を見逃したら、続きが意外に気にならなかった。

映画「ダーク・シャドウ」を見た。
本作は2012年5月11日に全米で公開され、興行収入は8千万ドル弱だった。
ティム・バートン×ジョニー・ディップの黄金コンビの新作映画で、よもやの外れ映画となってしまった。制作費は1億5千万ドル、製作のワーナーは頭を抱えてしまったことだろう。
全米以外での興収は1億59百万ドル、特に日本では興収が20億円を越えるヒット作となっている。

まあ、確かにテレビのCMはなかなか面白そうな印象だった。

1970年前後に放送された昼ドラの映画化だそうだ。
資産家の息子が深い仲になった魔女を捨ててしまったことより魔女に恨まれ、バンパイヤに姿を変えられ生き埋めにされてしまうというお話。
ジョニー・ディップがまたまたカメレオン演技を見せてくれる映画なのだが、どこか「またか」感が漂っている点が残念。

主人公のバーナバス・コリンズはバンパイヤなので、当然人を襲う。その点がひっかかって、映画を見ていて主人公にもうひとつ感情移入ができない。ラストに魔女の攻撃に苦戦に陥ってしまっても、素直に「頑張れ」と応援する気になれず、覚めた目線で成り行きを見守ってしまった。

その辺りは映画がヒットしなかった理由かも・・・

「007カジノ・ロワイヤル」でボンド・ガールに選ばれてブレイクしたエヴァ・グリーンが魔女役を演じているのだが、悪役のはずの彼女の方がどこか憎めなかったりする。

コリンズ家の長女キャロリンを演じている女優さん、どこかで見た顔だと思っていたが、「キック・アス」でヒット・ガールを演じたクロエ・グレース・モレッツだった。成長していることよりも、すっかり太ってしまっていることの方に驚いてしまった。

「キック・アス」は続編製作の噂があるが、もうヒット・ガールは無理かも・・・

1億5千万ドルの制作費からも分かるとおり、結構派手派手な映画なのだが、映画の印象はかなり地味。なんとなく見終わって、直ぐに忘れてしまう感じ。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]