忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2011年7月8日(金)に放送された「絶対零度~未解決事件特命捜査~Special~」より上戸彩が演じた桜木泉を作品化。
前シーズンと「絶対零度~特殊犯罪潜入捜査~」を繋ぐスペシャル番組となっていて、よくある前シーズンのおさらいに新たに撮影した映像を継ぎ足したスペシャル番組だろうと思っていたら、前編撮り下ろしの新作ドラマだった。

フジも力を入れている・・・映画化狙い?

とは言え未解決事件の捜査班が潜入捜査に鞍替えした理由については素通りでまるで力が入っていない。この辺のいい加減さ、ご都合主義もフジらしいと言えばフジらしい。
視聴率が取れなくても主演ドラマは続けて放送される上戸彩の当たり役となったのだが、新人警察官役とあってドラマの中では浮きまくっている。まるでらしくない配役が当たり役なんて・・・ちょっと・・・

口コミ情報を読んでも上戸彩が鬱陶しいという意見が結構多くてちょっと気の毒な気もするが、確かにドラマを見ていてプロフェッショナルに徹しきれない主人公に苛立ってしまう。製作サイドは庶民目線の主人公に感情移入してもらいたいのだろうが、結構逆効果。皮肉なことに、「24」のジャック・バウアーのように自らの信じる正義のために暴走するような主人公の方が感情移入し易かったりする。

初回視聴率は15.4%と好発進。スペシャル・ドラマの方は13.9%だったようなので、初回拡大スペシャル並のスペシャル・ドラマを放送した甲斐もあったと言うものだろう。
第二話の視聴率も14.2%と落ち幅の少ない視聴率で、二話続きのストーリーだったためか視聴者を繋ぎとめることに成功している。

基本的に一話完結の事件にシリーズを通しての黒幕や登場人物の複雑な事情が絡んでくるようだが、フジの悪い癖で話を広げ過ぎなければ良いがと思っている。「アンフェア」も「SP」もドラマは面白かったのに、映画化されるまでにはどんどん話が膨らんで現実離れしてしまい、付いていけなくなった視聴者が続出してしまっている。

今日は、ヤフー!のジオログにも新作を掲載してあります(↓)。是非ご覧ください。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/seasony24
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]