忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ドラマ「相棒10」より木村佳乃が演じた片山雛子を作品化。
折角木村佳乃の原画を起こしたので、他にも何か作品を作ろうと思い立ったが、主演作ではこれと言って作品化したいものがなく、単にゲスト出演なのだが「相棒」の片山雛子代議士がやたら印象に残っているので、結局、片山雛子を作品化してしまった。

頻繁に「相棒」に出ている気がするが、ここ二シーズンの登場は一話のみ。ただしどちらも最終話に出演しているので、印象が強い訳だ。
その前は、シーズン6に一話、シーズン3で初登場を含め三話に出演している。

4月期のドラマもぼちぼち出揃いつつある。流石にいくら人気があるとは言えこれだけ刑事ドラマが多いと、視聴率も食い合いとなってしまいそうだ。初回視聴率のトップは中居正広主演の「ATARU」で、それをフジの月9「鍵のかかる部屋」が猛追という形になっているが、また悪趣味な低視聴率の方が気になってきた。

天海祐希主演の「カエルの王女さま」、初回で一桁となる9%の視聴率を記録してしまった。初回の見せ場は天海祐希が「あの鐘を鳴らすのは貴方」を熱唱するシーンだろう。この出色のシーンをドラマの後半、ほぼラストに持ってきてしまった為、そこまで視聴者を引っ張ることが出来なかったことが直接の敗因だと思うが、まあ脚本の出来が悪かったことが低視聴率の一番の原因だろう。町おこしのママさんコーラス・・・って、かなり難しい題材だと思う。中途半端に米ドラマ「Glee」をパクるくらいなら、いっそまんまパクって学園ものにして天海祐希を教師にした方がまだ面白かったかもしれない。

第二話で二桁の10.7%に視聴率を上げてきたが、初回が妙に低すぎた感じ。積極的に見たいとチャンネルを合わせるようなドラマではないが、ドラマが放送されていると、ついつい見てしまうくらいの出来のドラマでもある。

竹野内豊&和久井映見主演の「もう一度君に、プロポーズ」、初回視聴率は8.8%だった。刑事ドラマが多いので、もう少し数字が取れるかと思っていたが、意外に惨敗な結果に終ってしまった。見ていないが、基本的にやはり脚本が面白くないようだ。
ここで何度か書いたがハリウッド映画「君への誓い」と内容が丸カブリのドラマ、泣ける映画のようで、映画なら珠玉のエピソードをつないで一気に盛り上げることもできるが、連ドラでたんたんと流すにはよほど脚本家の腕がよくないと難しいかもしれない。


今日は、ヤフー!のジオログにも新作を掲載してあります(↓)。是非ご覧ください。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/seasony24
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]