忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


フジ系で2010年10月期に放送された「ギルティ~悪魔と契約した女」より玉木宏が演じた真島拓郎を作品化。
玉木宏の原画を書き直したので、何か新作を作ってみたくなった。丁度、菅野美穂でも何か作品を作りたかったので、フジで昨年放送された「ギルティ」から二人共作品化できることに思い当った。
掲載作品がドラマとイメージが違わないようにドラマの第一話、第二話を鑑賞してから作品を制作してある。

「外交官・黒田康作」を何とか完走することができた。
「相棒」を除けば2011年1月期のドラマで唯一完走したドラマとなった。
そこそこ面白かったと思ったのだが、中弛みがひどかったことと「別に外交官が主人公でなくても良かったのでは?」という点は頂けなかった。

映画「アマルフィ」では魅力的に思えた織田裕二が演じる黒田康作も、終始しかめっ面で見ていて息苦しい感じ。親父ギャグを連発するくらいの欠点があった方が人間的で魅力的になると思う。

ドラマの次は映画で完結となるようだ。
伊藤英明、黒木メイサを持ってきて、ドラマ同様内容よりもキャスティングに拘るフジならではの映画となりそうだ。
この当たりのツボを押さえた商売の上手さには感心してしまうが、最近は映画化できるようなドラマが底をついてしまっており、人材も同様に底をついてしまっているようだ。

まあ映画の方はDVD化されたら見ると思う。


こんな時期だが2011年4月期のドラマが予定通り放送されるなら、フジで注目なのは「BOSS」のシーズン2くらい。
ドラマの看板だった月9は、既にドラマの王座から転がり落ちて久しい。あらすじを読んでだけで敬遠されそうな暗い題材が続いているので、致し方ないところだろう。次は久々明るいドラマのようだ。

皆がハッピーになるようなドラマを見たいものだ。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
真島いただきます。ありがとう

本来なら4月の新ドラが楽しみの時期だが
今回は最終回の放送がずれたことと
見る側がすっきりした気分になれないからか 気持ちの切り替えがまだ出来ていない。
それでも「爽やか」ですっきりの明るいサスペンスが良いな~と個人的に期待している。
Nezu 2011/03/31 (Thu) 10:43 編集
「仁」もありました
「BOSS」くらいと書きましたが、「仁」のシーズン2もありました。

先日放送された長澤まさみ主演の「屋上のあるアパート」は、時節がら軽過ぎると叩かれていました。

とは言えあまり暗いドラマは、やはり見たくないような・・・
kwest 2011/03/31 (Thu) 12:44 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]