忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


テレビ朝日系で絶賛放送された「BORDER」より小栗旬が演じた石川安吾を作品化。
「SP」の金城一紀の脚本とあって、面白さがじわじわと広がって行くような感じで、視聴率の方も右肩上がり、初回9.7%でスタートして最高16.7%、平均12.2%という視聴率だった。
最初から決めてあったという衝撃的なラストで、続編は難しいかもしれないが、まあ出来なくもないだろう。

映画「プラチナデータ」を鑑賞した。二宮和也主演で昨年上映された作品。興行収入は26億円だそうで、結構なヒット作となっている。原作は東野圭吾、安心のブランドといったところで手堅く興業をまとめた感じ。

原作も読破済みなので、なかなか映画の方は見る気になれなかったが、WOWOWで放送されたので、やっと鑑賞できた。正直、原作を読んだ時は「マイノリティ・レポート」の二番煎じの感が拭えなかったのだが、映画を見た感じではよくできたミステリー作品に仕上がっていた。劇場版の方がまとまりが良いし、映画とあってアクション・シーンも多く見やすい。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
「BORDER」小栗旬いただきます。ありがとう。

衝撃的なラスト・・・
ある程度予測できたけど これからがあるのだろうか・・・見たい気がする。
まだ何も表面化していないので・・・

東野圭吾原作のは 本当に安心ブランド
映像化されるとわかりやすいし 原作も違った面白さがあるから好き!
ただ「プラチナデータ」は 私的にはいまひとつだったかも。
Nezu 2014/07/15 (Tue) 11:36 編集
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]