忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


米ドラマ「CSI:科学捜査班」シーズン13よりテッド・ダンソンが演じるラッセル主任を作品化。

既にスピン・オフした「マイアミ」と「ニューヨーク」の二作品は放送が打ち切られ、本家として孤軍奮闘状態となっている。シーズン13は大きなメンバーの変更もなく、何時もどおりのクオリティを維持している。

米ドラマ視聴率でトップに立つ「NCIS」の方は、ますます広がりを見せており、「LA」に続き、新たなスピンオフ作品として「ニューオリンズ」が製作されるようだ。
スピンオフ・ドラマが製作される際に、本家で先ずはパイロット版が放送されて新チームがお披露目されることが米ドラマでは定石だが、「NCIS」のシーズン11でこのニューオリンズ・チームが初登場している。
スピンオフのことを知らずにエピソードを鑑賞したので、ドラマを見終わって、「NCISのニューオリンズ分局のメンバーもなかなか魅力的なので、また別のエピソードに登場してくれないかな」と思った。

最近、米ドラマは一休み状態。久しぶりに映画の方を一生懸命見ている。

映画「マン・オブ・スティール」を見た。昨年、劇場で鑑賞済みなので、改めて日本語字幕で見直した。劇場で鑑賞した時は、ラストの街を破壊し尽くす大迫力に、映画の満足度も高かったのだが、テレビ画面で見直すと、とにかくスーパーマンが登場するまで一時間、映画の前半が退屈で長かった。

最終的な興収を見てみると全米での興収は2億91百万ドルと僅かに3億ドルに届かず。2013年度全米興業成績第五位にランクしている。世界興収も6億68百万ドルと7億ドルに届かなかったが、こちらも2013年度世界興収第9位となっており、大ヒットと言えるだろう。制作費は破格の2億25百万ドルだが、この興収ならリブートは成功したと言えるだろう。続編の製作が早々と発表されたのも頷ける。

IMDbのレイティングは7.3、そこそこ面白いと言った評価だろう。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
D.B. Russell (CSI) いただきます。ありがとう

録画したまま 見ていない「CSI」や「Dr.House」シーズンを見続けている
7月8月9月と昼間は雑用に追われて 録画がたまるが新しいのを先に見る事もできず。。。
でも「ニューオリンズ」 楽しみね。
Nezu 2014/07/12 (Sat) 08:03 編集
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]