忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ドラマ「相棒10」より及川光博演じる神部尊を作品化。
さて10月より始まった「相棒10」だが、初回こそ前シーズンの勢いを受けて視聴率19.7%を記録したが、その後伸び悩み第六話では13.9%を記録してしまった。視聴率が14%を切ってしまったのは2007年放送のシーズン6第七話以来の記録だった。
まあ、ドラマが始まった頃は一桁視聴率も記録しているので、大騒ぎをすることもないのだが、今シーズンはどこかもうひとつな感じがあるのが気がかりだ。
小野田官房長に加えて、「花の里」のたまきさんが初回で突然旅に出てしまったことは、多分製作スタッフも痛かったに違いない。
レギュラー・メンバーが減って、それに変わる魅力的なキャストが出てこないと、どうにも寂しい感じがしてしまう。

「太陽にほえろ!」みたいに・・・

キャストの問題に加えて、今シーズンは暗いテーマの作品が多い。もともと「相棒」は、社会の暗部を切り取るようなエピソードが確かに多かったのだが、コメディ・タッチの作品や上質なミステリーと呼べる佳作も多かった。ところが今シーズンは、とにかく作品が暗い。

ちょっと肩に力は入り過ぎだろう。

まあ、まだシーズンも折り返し前、今後の展開に期待したい。

「ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える(The Hangover Part II)」を見た。
本作は2011年5月26日に全米で公開され、2億5千万ドルを越える大ヒットを記録している。一作目の興収は2億7千万ドルを超えていたので、若干届かなかったが、それでも2011年上半期で全米興業成績の第一位に長く居座っていた。
下ネタ重視のハリウッド製コメディ映画とちょっと趣が異なる為か全米以外でも大ヒットを記録しており、世界興収は前作を上回る5億8千万ドルとなっている。制作費が8千万ドルなので、コメディ映画は当たると本当に投資効果の良い映画となる。

続編の製作に当たりキャストはそのままに設定を変えて続編を製作するか前作と同じ設定で続編を製作するか迷ったそうだが、敢えて前作と同じ設定で勝負して成功した作品。またまた結婚式前夜に意識不明となり、朝起きてみたら・・・という映画になっている。
映画の舞台がタイになっている点が前作と大きく異なる点で、まあそれ以外は目新しい点はない映画。良くも悪くも前作の焼き直しのような映画。

映画は大ヒットしたのだが、何だか駄作の雰囲気がありありだったので、なかなか手が出なかった作品。日本でも公開されたので、ぼちぼち見てみようかと重い腰を上げて鑑賞してみた。
全米では映画評論家から叩かれた作品だが、一般聴衆はそこそこ良い評価、普通この手の作品に面白いものが多いが、本作はまあ評価通り。映画評論家、一般聴衆共に前作から評価を下げてしまっているが、本作の出来は前作に遠く及ばない。日本のヤフー!の評価が異様に良いのがちょっと不思議。日本での興収は2億円に見たず、まあ外れてしまっているのに・・・

先ず朝目が覚めてびっくり・・・という環境が前作ほど意外性がない。正直、「これで終わり?」とかなり拍子抜け。設定は同じでも構わないのだが、ストーリーは凝ってもらいたかったのに、ストーリーまで前作の焼き直しなのにもがっかり。
タイが舞台なのだが、あまりに汚く描かれ過ぎでタイが気の毒になった。意外性で笑いをとってある点が良かったのに、ハリウッド製コメディの定番、下ネタで笑いを取りに来ている点もマイナス評価。

映画評論家から、「1作目と比べてより残酷で、暗く、だらしないカーボンコピーであり、オリジナルをヒットにさせる要因となった意外性を欠いている」と評されたそうだが、まさにその通り。前作よりグロい点にもげんなりしてしまった。
エンドロールで何があったのかデジカメの写真で分かる・・・という設定が良くて、前作ではラストににやりとさせられたのだが、本作ではエンドロールでどこか不愉快な気分にさせられてしまう。

監督・出演者共に出演料+マージンで随分大もうけしたようで、なんかその辺も腹立たしい。「ホームアローン」の様に、同じ設定で続編にトライしたと聞いた時は、期待もしたのだが、興業的に大当たりしたこととは関係のない出来にしか思えなかった。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
神部尊 いただきます。ありがとう。
神部さんがやりそうな手の動き♪
小野田官房長とたまきさんが出てこないのは本当に見る楽しみ箇所が無くて寂しいわ。
神部さんも 初期の頃の「とげ」が丸くなってしまっているし
亀ちゃんの突拍子もないバイタリティーで蹴倒されたいわ。

≫エンドロールでどこか不愉快な気分…
大抵は エンドロールの後何かあると得した気分になるのにね。
Nezu 2011/12/07 (Wed) 13:23 編集
後半戦
今週放送分の視聴率はついに13.1%、またまた暗いドラマでした。
果たして、後半戦で盛り返すことができるでしょうか?
kwest 2011/12/09 (Fri) 12:56 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]