忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ドラマ「ビブリア古書堂の事件帖」より剛力彩芽が演じる篠川栞子を作品化。
先日、「テルマエ・ロマエ」を見ていて、「上戸彩はこういう”キャピキャピしたいかにも可愛い子”というキャラはよくはまるが、もう何年かしてそういう役が似合わない年齢になったら需要がなくなるな」と思ってしまった。剛力彩芽もほぼ同じようなイメージだったのだが、「ビブリア」ではほとんど笑わないイメージと正反対の役。これが意外にはまって見えるし、視聴率は振るわないが今後役柄の幅が広がりそうで、「良い役をもらったのでは」と思ってしまう。

第九話放送までで平均視聴率は11.7%、フジの月9としては物足りない視聴率だろう。

雑誌に「扱っている事件が小さすぎる」と書いてあったが、まあそういう原作のドラマ化。個人的には人気原作だけあって、よく話が練ってあるなと感心している。視聴率が振るわないなら、企画の問題だろう。そもそもフジの月9でやるようなドラマではなかったのかもしれない。

テレビ東京系で放送中の「NCIS:ロサンゼルス」、登場人物の一人新人のドムがいきなり誘拐され、その後も行方不明のままとなっている。続きのエピソードをやる気配がないので、これがシーズンを通しての事件となるのか、それとも単に演じる俳優さんのトラブルで降板なのか、気になってきた。

米ドラマ、当ればずるずると続くのだが、結構出演俳優さんが突如降板してしまうことも多い。ギャラでモメたり、俳優同士の仲たがいが原因だったり、まあ理由もそれぞれ。そこそこ円満な降板の場合は、ドラマの中でちゃんとした幕引きのエピソードが準備されるが、シーズンを明けたらいなくなっていたなんてこともザラだ。

さて、ドムの行方は?
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
篠川栞子さんいただきます。ありがとう

彩芽さん良い味が出ていると思います。
母親も登場で ちょっぴり展開にハラハラ期待感が!
≫「NCIS:ロサンゼルス」
俳優さんのトラブル~ドラマだからわかるけど
夢はなくなるわね。
Nezu 2013/03/20 (Wed) 19:47 編集
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]