忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画「ゴジラ対メカゴジラ」よりゴジラを作品化。
結構作品によってゴジラのデザインが異なっているようで、先日、キングシーサーを作品化したので、今回はキングシーサーが登場した「ゴジラ対メカゴジラ」のゴジラを作品化してみた。

【「ダイ・ハード/ラスト・デイ」鑑賞記・前編】

映画「ダイ・ハード/ラスト・デイ」を見に劇場に足を運んだ。
本作は2013年2月14日に全米で公開され、興行収入は65百万ドルだった。制作費は92百万ドル、赤字映画となってしまったし、前作の興収が1億35百万ドルだったので、約半分の興行成績に終わってしまった。
もっとも人気シリーズの最新作とあって、全米以外ので興行は好調なようで、全米以外での興収は2億ドルを突破している。日本でも興収は15億円を越えているようだ。ただ前作の日本での興収は39.1億円、こちらも物足りない興収に終わりそうだ。

「ダイ・ハード」シリーズは、毎度、ひとひねりした原題がつけられえおり、本作の原題は"A Good Day to Die Hard"、インディアンの言葉である「死ぬにはいい日だ(It's a good day to die)」のもじりだそうだ。邦題の方は「ラスト・デイ」、会議でもめにもめた後に「ラスト・デイ」が出るとそれですんなり決まったそうだが、センスの良い邦題とは思えないのだが・・・

余談はさておき、興行的にいまひとつとあってさして期待はしていなかったのだが、映画の方はかなり面白かった。映画館でこういう派手派手なアクション映画を見ると、ついつい採点が甘くなってしまう映画の典型かもしれない。
映画の冒頭、実に静かに映画が始まって、途中から一気にラストまで駆け抜ける感じ。アクションの連続で、まさに息をつく暇もない。98分の長くない映画なので、もう映画全編アクションだらけ、ここまでアクション色の濃い映画も珍しいだろう。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ゴジラいただきます。ありがとう。
またまたリメイクの話も出ていますね。

≫「ダイ・ハード/ラスト・デイ」
なかなかタイミングが合わなくて 気が付いたら字幕しかなくなってしまったようです。
アクション色の濃い映画は魅力なので DVDでは絶対に見たいわ。
Nezu 2013/03/20 (Wed) 19:54 編集
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]