忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


テレビ東京系で放送中の「NCIS: LOS ANGELES」シーズン1よりクリス・オドネルが演じるG.カレンを作品化。
早いもので既にシーズン1の折り返しも過ぎ、全米で大人気なのも理解できるようになってきた。基本的にクリス・オドネル演じるカレンとLLクールJ演じるサムのバディもの、二人の掛け合いの面白さがシリーズの面白さの大きな理由のひとつのようだ。

ただ、登場人物の個性の強烈さは本家「NCIS」に及ばない気がするが・・・

映画「テルマエ・ロマエ」をやっと鑑賞した。
原作漫画の方は、お試し第一話を読んだだけ。まあ知っている程度。

映画の方は2012年上半期の国内興行成績トップに輝く大ヒットとなった。2012年度年間でも邦画部門で「BRAVE HEART海猿」に継ぐ第二位の興行成績となった。興行収入は59.8億円、第三位の「踊る大走査線ファイナル」の興収が59.7億円だったので、僅差での第二位となった。

いずれにしろ予想以上の大ヒットだったことだろう。

監督は武内英樹という人、「のだめカンタービレ」の監督さんということだけあって、映画全編「のだめ」の雰囲気に溢れている。タイム・スリップのシーンではオペラ歌手が登場してまさに「のだめ」ワールド全開。
イタリアにセットを作っての撮影だったようだが、セットもまた見事。素人目にはローマらしく見えた。

主演は阿部寛、最近は「新参者」シリーズのようなシリアスな役が多かったので、久々のコメディといった感じ。最も「トリック」の上田次郎のような変わったキャラクターではなく、主人公ルシウスは真面目そのものだが・・・

「平たい顔」の代表とも言えるヒロインは上戸彩。こういう役ははまると思うが、正直演技の方は割りと一本調子のような気がする。何を見ても同じような・・・

まあ面白い映画だったが2012年度の映画興行成績で第二位と言われると、2012年度は映画が不作の年だったのだなあと思ってしまう。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
G. Callen いただきます。ありがとう!
懐かしのキャラも良いけど 
今のキャラも 親しみを感じますね。

≫「テルマエ・ロマエ」
私はアニメが最初でしたが 映画も良かったわ。
作者のローマへの思い入れの成果かな?
メインの登場人物を日本人が演じているのに違和感を覚えない私っておかしい?

ただヤマザキマリさんへの映画の著作権料の低さは考えさせられます。
Nezu 2013/03/15 (Fri) 10:32 編集
著作権料
ヤマザキマリさんへの映画の著作権料、気になって早速ネットで調べてみました。
100万円だったみたいですね。随分話題になったようですが、知りませんでした。
やっぱり製作側もあまり当らないと思ってたんですね。
kwest 2013/03/15 (Fri) 12:37 編集
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]