忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ドラマ「遺留捜査」より上川隆也が演じる糸村聡を作品化。
テレ朝の刑事ドラマとあって、よくできているとは思うのだが、ラストの「僕に三分だけ時間を下さい」と言って始まる人情ドラマだけは、どうにも頂けない。
昨年の4月期に放送されたシーズン1では、最高視聴率は初回の17%、最低視聴率は10.8%、平均視聴率14.3%とまずまずの滑り出しだった。シリーズ化を狙ってシーズン2の放送が始まり、初回は二時間スペシャルだったが視聴率は13.3%ともうひとつだった。第二話では若干視聴率を上げ13.7%を記録している。初回二時間スペシャルは長すぎたということだろうか?

初回二時間スペシャルを見たが、無理やりな展開に苦笑するシーンもあったが、まあ最後まで楽しむことができた。ただ、あまり続けて見ようという気にならなかたのは、やはりお涙ちょうだいのラスト・シーン。正直、凶悪事件に泣けるラストが毎回あるのもおかしなもの。
夏ドラマでは同じ木曜日の放送で、同じテレビ朝日系の「京都地検の女」の方が面白そうだ。


さて、上川隆也、空気の読めない糸村を演じていて違和感を感じないのは、ご当人が結構ゲームやアニメのお宅だからかもしれない。名前と顔を覚えたのは、やっぱり2006年に放送されたNHKの大河「功名が辻」で山内一豊を演じた頃かと思っていたが、1997年放送されたやはりNHKの大河「毛利元就」で毛利隆元を演じていたのをしっかり覚えているので、結構前から顔は覚えていたようだ。
知らなかったがテレビ東京系で放送された「金田一耕介」シリーズで金田一耕介を演じている。

「遺留捜査」放送前にWOWOWで放送された「マークスの山」に刑事役で出演しており、こちらは糸村と違って型物な刑事役だったのだが、妙に印象に残っていて、「遺留捜査」放送開始時はイメージの違いにちょっと戸惑ったものだった。

まあ、それだけ演技が上手いということだろう。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]