忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画「ジョニー・イングリッシュ/気休めの報酬」よりローワン・アトキンソンが演じたジョニー・イングリッシュを作品化。
結構「Mr.ビーン」の映画版は見ているのだが、今まで作品化はしていなかった。今回が初の作品化となる。イギリスを代表するコメディアンのローワン・アトキンソンだが、表情が豊なので、なかなか似顔絵が似なくて苦労してしまった。

さて、米ドラマ「ウォーキング・デッド」シーズン2もいよいよ大詰めを迎えてきた。第十話までFOXbs238で放送が終わったので、残りは3話、シーズン1の最終話でも結構派手派手な演出で驚かせくれたが、さてどうなるのだろうか?
シーズン2では、シリーズの生みの親とも言えるフランク・ダラボンが一説には予算を巡って制作元のゲーブル・テレビ会社と対立し、結局、意見が合わず撮影開始直前になってフランク・ダラボンがドラマから降板してしまった。シーズン2を見ると、確かに予算の関係なのか、シーズン1に比べると大人しい感じ。放送回数が6話から一気に倍以上の13話になったので、話の展開もかなりスローになってきた。予算を抑えるためか、農場を舞台に物語がたんたんと進む感じだ。脚本がよくできているので、話の展開が遅くなってもドラマに引きつけられているが、ちょっと展開の遅さには飽きてきた気もする。

シーズン3は今年の10月から全米で放送予定となっており、全16話となるようだ。

WOWOWで放送されていた「クリミナル・マイド」シーズン6の放送が終わってしまった。全米ではすでにシーズン7の放送が終わっているし、シーズン8の放送も決定している。全米での視聴者数ランキングでは、今のところシーズン6が最高となる第10位を記録している。とにかく内容的にかなりエグい内容が多く、次の犠牲者が出るのが早いか、連続殺人鬼を捕まえるのが早いかという競争になることが多い。

結構メンバーの入れ替わりも多いようで、シーズン6で登場した殺人鬼の無娘アシュレイ・シーヴァーはシーズン6だけの登場になるようだ。
シーズン1から変わらレギュラーを張っているのは、アーロン・ホッチナー、デレク・モーガン、スペンサー・リード博士の三人だけとなる。ペネロープ・ガルシアもシーズン1から出演しているが、クレジット上はメイン・キャラクターではなかったようだ。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
Johnny Englishいただきます。ありがとう。

≫「クリミナル・マイド」
メイン・キャラクターになるって重要な事なのね。
身分不安定なんだ~!!
Nezu 2012/07/27 (Fri) 16:24 編集
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]