忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ドラマ「鍵のかかった部屋」より佐藤浩市が演じる芹澤豪を作品化。

「フォーリング・スカイズ」という米ドラマを見始めた。
結構、あちこちつまみ食いのように米ドラマを見ていて、現在オンエアされていて鑑賞中のものだけでも「CSI」シーズン11、「CSI:ニューヨーク」シーズン7、「クリミナル・マインド」シーズン6、「Hawaii Five-O」があり、DVDを購入したりして見ているもので「ライ・トゥ・ミー」シーズン3、「NCIS」シーズン8、9、「ウォーキング・デッド」シーズン1とかなりの数。米ドラマを見るのに忙しくて、今年は映画の鑑賞が例年に比べてかなり少なくなっている。

そんな中、新たに「フォーリング・スカイズ」のシーズン1を見始めた。第一話より第五話までを一気見してしまった。
先日BS日テレで放送されていた「テラノバ」は、大御所スティーブン・スピルバーグが制作総指揮を務めていたことで話題になっていた。白亜紀を舞台にしたスケールの大きなSFドラマだったのだが、如何せんドラマが面白くなくて結局シーズン1で打ち切りが決定していしまった。

「フォーリング・スカイズ」も同じようにスティーブン・スピルバーグ制作総指揮のドラマ。

宇宙人の侵略により人類の90%が死滅した未来が舞台となっている。まあ、スティーブン・スピルバーグ監督作の「宇宙戦争」みたいなドラマで、正直、この手の映画が最近は氾濫しているので、もうすでに手垢のついた設定となっている。映画では珍しくないがドラマではまだ珍しい設定と言える。製作費が映画に比べて小さいドラマではなかなか難しかったのだろうが、最近はCGの進歩により低予算のエイリアン侵略ものの映画が相次いで作られているので、ドラマでも実現可能となったのだろう。

さて物語の方だが、「ER」で若き研修医を演じたノア・ワイリーが主人公の歴史学の教授を演じている。エイリアンの侵略により妻は殺され、残った三人の息子たちと抵抗軍に加わるのだが、次男はエイリアンに誘拐されてしまっている。エイリアンはハーネスと呼ばれる生物機器を使い子どもたちを思いのままに操っている・・・という設定でドラマは始まる。
第一話では行方不明だった次男が生きていてエイリアンに操られていることが判明する・・・というお話。

シーズン1は全10話のようで、全米ではケーブル・テレビで放送されているようだ。ドラマの評判も悪くないようで、シーズン2の制作が決定している。
確かに一気に第五話まで見たように、そこそこ面白い。まあドラマなので、映画のような派手派手なCGシーンは多くないのだが、それでもドラマの冒頭とラストには結構凝ったCGを使ったエイシアンとの戦闘シーンが毎回用意されている。


今日は、ヤフー!のジオログにも新作を掲載してあります(↓)。是非ご覧ください。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/seasony24
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]