忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ドラマ「華和家の四姉妹」より貫地谷しほりが演じる華和桜子を作品化。

ずっと見たかった「相棒-劇場版II- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜」を鑑賞した。
映画公開後、小野田官房長がどうなるのか、何となく情報が入ってきてしまっていたので、その点はやや残念だった。神部尊を演じる及川光博にとっては初の相棒劇場版ということで、見せ場も多かったし、杉下右京とのコンビもますます板についてきた感じで映画は面白かった。

警察幹部を人質にした篭城事件で幕を開け、警察内部の腐敗が徐々に暴かれて行く。脚本の上手さは相変わらずだが、正直この手の大風呂敷を広げた事件はあまり好きではない。「相棒」らしいと言えば「相棒」らしいが。
まあ、身近な事件はドラマの方で堪能できるので、映画らしくスケールの大きなストーリーをやりたかったのだろう。

最近、何かと言うと中国人の犯罪者や犯罪組織が映画やドラマに出てくる。こちらでは結構「またかよ!」という反応が多くて、個人的にもちょっと芸がないように思う。こちらでは、美しい北海道を舞台にした映画が大当たりしていたりするので、もう少し大人の対応ができないものかとため息が出てしまう。

劇中、意味不明の中国語が飛び交っていたのは失笑もの。

神川警部がチョイ役で出ていたりして楽しいが、御馴染みの捜一トリオの出番が少ないのもちょっとがっかり。亀山刑事が去ってから捜一トリオとの絡みが減ってしまっているのが残念。
そう言えば亀山刑事、そろそろゲストででも出番がないものか・・・

映画は怒涛のラストに雪崩れ込み、すっきりとしない結末を迎えてしまう。無論、それが映画の目的なので別に構わないが、そろそろ「相棒」にも小野田官房長に代わる新しいキャラクターが出ても良い頃かなと思った。

秋からのドラマに期待。

今日は、ヤフー!のジオログにも新作を掲載してあります(↓)。是非ご覧ください。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/seasony24
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]