忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「仮面ライダーカブト」よりハイパー・クロックアップ時のハイパー・カブトを作品化。

映画「SP革命編」を鑑賞した。
「野望編」を受けての「革命編」だったのだが、日本での興業成績を比べてみると、「野望編」が36.3億円なのに対し、「革命編」の興収は32.9億円となっている。微妙に興収が減っており、「最後だけでも見ようか」という観客よりも「もうレンタルで良いや」と思った観客の方が僅かに多かったということだろうか?

映画の方はスケール感もあるし、緊張感もあるしで「革命編」の方が面白い。
ただ、国会を占拠・・・なんて大風呂敷は、ちょっとリアリティがなさ過ぎてどこか空々しい絵空事の印象が強くなってしまっている。「SP」を描いたドラマなので、最後まで要人警護に拘ってもらいたかったものだ。

岡田准一が心血を注いだだけあって格闘シーンは邦画の域を超えて迫力がある。小柄な岡田准一が大きく見えてしまうから不思議だ。
SPの面々の活躍も「野望編」に続いてきっちり描いてあって、脇役にもスポット・ライトがちゃんと当たっているこの辺の演出にはかなり好感が持てる。

ストーリーも一ひねりあって悪くない。脚本に金城一紀が参加している効果は大きいだろう。

邦画らしく二時間超の長い完結編となっている。多少クドイ演出はカットできたと思うし、更にスピード感も増すだろうから、いたずらに長くしない方が良いと思っているのだが・・・

完結編と思っていたのだが、「続編もあるよ」な終わり方に、フジらしいと苦笑してしまった。「野望編」と合わせて二作で70億円近く稼いでいるのだから、フジとしてはそう簡単に止められないところだろう。「海猿」に続いての鉱脈発見なので、近いうちに新作製作の発表があるかもしれない。

今日は、ヤフー!のジオログにも新作を掲載してあります(↓)。是非ご覧ください。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/seasony24
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
カブトありがとう!

岡田准一はSPの時は凄く魅力的!
ただ。。。映画で「続き」と言うのはちょっと疲れるかな~!

稼げるうちはどんどん続きを製作~ですね。
SPファンは2度も3度も映画館に足を運んでいます。

SPは初期のころの堅実なSPらしさを失わず もう少し続いて欲しいな~♪
Nezu 2011/09/21 (Wed) 22:54 編集
無題
おお!カブト凄いです。

SPは、どちらかと言うと革命編の方が楽しめたでしょうか。
何にせよ公開前日の震災+節電騒ぎで映画館も映画どころでは無かったですし、よーやくレンタルできて一安心で。
設定がリアルというか日本式?アクション映画みたいですが、アクションシーンより熱い心理ドラマに緊張して疲れる。
でも続編は出ないんですね。
一見続けても終わってもいい感じですが。  
微妙な演出と暗示的なラストに納得でもあります。TV版も見ていたからかな。

海猿4は…やはりいつもの感じでしょうか…。
take 2011/09/22 (Thu) 23:28 編集
そうですね。
SP革命編は震災時期の公開だったのですね。では、野望編より興収が伸びなかったのも当たり前かもしれません。

SPなので、今度はやっぱり要人警護の続編を見たいものです。
kwest 2011/09/23 (Fri) 09:18 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]