忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ドラマ「華和家の四姉妹」より観月ありさが演じる華和竹美を作品化。

リーアム・ニーソン主演で大ヒットした映画「96時間」の続編がいよいよ製作されるようだ。
誘拐された娘を救出するために暴走する元CIAのエージェントの活躍を描いた映画で、リーアム・ニーソン初めオリジナルのキャストは続投だそうだ。製作がリュック・ベッソンで「タクシー」や「トランスポーター」などヒットした映画はシリーズ化に熱心な人なので、本作もシリーズ化されるのかもしれない。

原題は"Taken"で娘が誘拐されることから題されたのだと思うが、邦題は映画の中でタイム・リミットだった「96時間」となった。続編の内容が明らかにされていないが、誘拐に関係あっても96時間にはまるで関係ないかもしれない。

「96時間2」は使えないかも。

もっともミイラを意味する"Mummy"が原題だったのに映画に登場した古の都市「ハムナプトラ」と邦題をつけて、三作目はミイラに関係があったがハムナプトラには無関係だったのに「ハムナプトラ3」という邦題をつけた映画もあるので、その辺は気にしないかもしれない。

続編を作ると言っても娘が誘拐され「96時間」というタイム・リミットが映画の緊迫感を盛り上げていたので、続編でまたまた娘が誘拐されるようだと興醒めしてしまうかもしれない。結構、続編を作るのが難しい映画だと思うが・・・
ただ、リーアム・ニーソンが演じた元CIAのエージェントは魅力的だったので、単にこの暴走親父の活躍を描いた映画になれば面白いかもしれない。

一方、日本を舞台に今年の秋から撮影が予定されていたヒュー・ジャックマン主演の「ウルヴァリン」の撮影が延期されそうだということだ。天候の問題もあって日本を舞台に撮影を行うことが困難なため、ロケ地をカナダに変更する可能性もあるということだ。
まあ、天候の問題なんて、今更な話なので結局は震災の影響で日本を舞台にロケをする気がなくなったということだろう。ロケ地を変更するとなると撮影が遅れてしまうという大人の事情のような気がする。

さて、「96時間」と「ウルヴァリン」、どちらの続編を先に見ることができるだろうか?

今日は、ヤフー!のジオログにも新作を掲載してあります(↓)。是非ご覧ください。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/seasony24
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
華和竹美いただきます。ありがとう。

"Mummy"ならたぶん見なかったかも・・・
ホラーぽいから。。。
今は「ハムナプトラ」とあるだけで 触手がうごめく!

≫「96時間」と「ウルヴァリン」
どっちも魅力的!
撮影ロケ地が変更になったのは残念ね。
「96時間」・・・「24」とか数字が流行なのかと思っていたわ。

題名って大事な要素ですね。
Nezu 2011/08/31 (Wed) 08:19 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]