忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ドラマ「ストロベリーナイト」より小出恵介が演じた葉山則之を作品化。
ドラマは結構面白かったのだが、どうにも竹内結子の似顔絵が上手く書けなくて、関連作品を制作するのがすっかり嫌になってしまった。
今回、小出恵介の原画を書き直して、出演作を調べ直していたところ、「そう言えば」と「ストロベリーナイト」に出演していたことを思い出した。

7月期のドラマの中では楽しみにしていた「東野圭吾ミステリーズ」、初回視聴率は期待外れの11.3%だった。
初回特別として15分延長版だったのだが、はっきり言ってこの15分延長が余計だった。多分、途中で飽きて脱落してしまった人がいっぱいいただろうと思う。ビデオのからくりが分かるまでが無駄に長いし、折角ラストにひとひねりあるのに、そこにたどり着くまでがまた無駄に長い。15分延長なんかせずに、すきっと一時間でまとめることができたはずだ。完全に演出の失敗だろう。

見ていてかなり退屈だった。

「ジョニー・イングリッシュ気休めの報酬」という映画を見た。
「Mr.ビーン」でお馴染みのローワン・アトキンソンが主演のコメディ映画で、MI-7のスパイ、ジョニー・イングリッシュを演じている。
ほぼ無声の「Mr.ビーン」と違って、こちらは台詞が結構ある普通のコメディ映画で、派手なアクションも用意されている、なかなか贅沢な映画だ。

まあ、この手のコメディ映画は、「ピンクパンサー」もそうだが主人公の間抜け振りを見て笑う映画なので、その間抜けぶりにいらいらいしてしまっては、映画を楽しめなくなってしまう。結構その境界線が難しく、個人差もあるだろうが、本作でもちょっと「いらっ」としてしまう箇所があった。

とは言えローワン・アトキンソン、まるでカトゥーンの主人公のような動作を見ているだけで結構楽しかったりする。稀代の名コメディアンと言え、その当たりの上手さは当代随一かもしれない。
大爆笑はとれなくても、とにかく苦笑、失笑の連続で、まあ笑える映画だ。

そう言えばコメディ映画ではないが「アベンジャーズ」で、ハルクが大爆笑させてくれたが・・・

共演も結構豪華で、「X-ファイル」以降、不動産で財をなしたようであまり俳優業に熱心ではないジリアン・アンダーソンが出演している。あまり変わっていなかったが、しかし何で本作には出演したのだろうか?そんなに美味しい役とも思えないが・・・

2003年に公開された「ジョニー・イングリッシュ」の続編だそうだが、生憎前作は見ていない。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
葉山則之いただきます。ありがとう。

≫「東野圭吾ミステリーズ」
15分削っても十分成り立つ方に賛成!
でも次週から通常時間帯に解決♪
東野作品と考えると・・・見ちゃうわね。

爆笑。。。ドラマを見て爆笑って~良いわね。
Nezu 2012/07/07 (Sat) 12:51 編集
豪華なキャスト
豪華な俳優陣で演出が長くなってしまい、裏目に出た感じです。
kwest 2012/07/07 (Sat) 21:27 編集
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]