忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「仮面ライダー」より死神博士の新作を制作。

映画「ウルトラマンゼロTHE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国」が、7月12日から中国で劇場公開されるそうだ。全然知らなかったが、前作「大怪獣バトル・ウルトラ銀河伝説THE MOVIE」が「ウルトラ」シリーズ初の中国での劇場公開だったそうで、興収3千万元(約3億6千万円)のシュマッシュ・ヒットとなっているようだ。ちなみに興収3千万元は、邦画として中国で最大のヒットとなるそうだ。中国でも人気の「ドラえもん」の劇場版は、こちらでもよく公開されて話題になっているが、興収は大したことがないのだろうか・・・

この映画、DVDで鑑賞済みだが、何しろ新キャラのウロトラマンゼロが格好悪い、過去のウルトラマンが戦闘員扱いが大挙登場して幻滅、とにかく弱いウルトラの長老たち、とアラも目立つ映画なのだが、ミニチュアからCGに変わった背景は、この先「ウルトラ」シリーズの方向性を示しているようで、興味深い作品でもある。

普通に地下鉄に乗っている子供が「ウルトラマン」のフィギュアを持っていたり、こちらでも「ウルトラマン」は子どもたちに人気なので、初の劇場版の上映だったとは気がつかなかった。「ウルトラマンゼロTHE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国」は未見、ちょっとDVDでも探してみよう。

一昔前は「仮面ライダー」も「ウルトラマン・クウガ」なんて呼ばれていたりして、「ウルトラ」シリーズのひとつという扱いだったのだが、最近は「仮面騎士」としてちゃんと別物として認識されている。
人気のほどは「ウルトラマン」には及ばない感じだが、新作が放送されている「仮面ライダー」シリーズは、ネットでは「ウルトラマン」を圧倒している感じ。

ちなみに「ウルトラマン」の中国語表記は、「奥特曼」。「ウルラマンメビウス」だと「夢比優斯・奥特曼」と「メビウス」が先に表記される。

中国なのに名前が先?
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
死神博士いただきます。ありがとう!

≫「夢比優斯・奥特曼」
「メビウス・ウルトラマン」
意味が違って聞こえる気がするけど
欧米でも 名前が先の題名?
Nezu 2012/07/09 (Mon) 08:54 編集
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]