忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ドラマ「ATARU」より栗山千明が演じる蛯名舞子の新作を制作。
4月期のドラマで平均視聴率のトップを「鍵のかかった部屋」と争っている「ATARU」だが、視聴率の方は乱高下が激しく、まあ人気があるのだろうけど、傾向の掴みにくいドラマとなっている。初回で19.9%の高視聴率を記録したかと思うと、第3話では二桁ぎりぎりの10.9%まで視聴率を下げ、あきられたのかと思うとそこから視聴率を上げて、第9話では17.1%の視聴率を記録した。やっぱり人気があるのかと思うと、次の第10話では13.5%と急降下、最終回を前にして普通は視聴率が上がって行くのに、ちょっと珍しいドラマとなっている。

今週末はいよいよ最終回、まあ初回から大体予想もついたが、栗山千明演じる蛯名舞子の母親の交通事故死の謎にATARUが挑むことになる。

ドラマ「ATARU」の携帯電話待ち受け用壁紙も制作したので、合わせて掲載しておく。
一部でニュースにもなったが、先週金曜日の夜から突然にこちらから"Co.jp"を持つサイトにアクセスができなくなった関係で、作品の掲載スケジュールが大幅に狂ってしまった。


映画「テルマエ・ロマエ」が大ヒットを続けており、邦画では一昨年の「海猿3」以来となる興収50億円を突破したそうだ。と言うことは昨年は興収50億円を突破した邦画がなかったということで、調べてみると昨年の邦画部門の興行成績トップは「コクリコ坂から」の44.6億円、50億円目前だった。第二位の「ポケモン」「ステキな金縛り」「ヤマト」と四作品が興収40億円を超えているが、興収50億円越えは出なかった。

さて、映画「テルマエ・ロマエ」の大ヒットを受け、世界中から買付の注文が来ているそうで、既に公開が決まっているのがイタリア、モナコ、バチカン市国、マルタ共和国、台湾、香港、マカオの7ヶ国・地域、更に、フランス、ドイツ、イギリス、ロシア、シンガポール、インドネシア、タイ、韓国、中国からもオファーが来ているそうだ。

となると中国で実写邦画が公開される?

邦画のアニメは結構こちらでも公開されているのだが、実写となると「K-20/怪人二十面相・伝」が公開された程度。「K-20」にしても邦画と言うよりもこちらでも人気の高い金城武の主演作として公開された印象が強い。
いずれにしろ中国で公開されるとなると、見に行くのが楽しみだ。こちらも日本同様、外国映画は基本的に字幕での上映が主流、邦画なら字幕を読まなくて済む。

邦画はDVDが出てからしか鑑賞できないとあきらめているが、ちょっと楽しみになってきた。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ATARUいただきます。ありがとう。
≫「テルマエロマエ」
時間が出来たら私も行く気満々です。
Nezu 2012/06/19 (Tue) 18:27 編集
北京で
是非とも北京で見たいものです。
kwest 2012/06/19 (Tue) 21:29 編集
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]