忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ドラマ「ATARU」より中居正広が演じるチョコザイことアタルの新作を制作した。

今年公開が予定されている「バットマン」の最新作「ダーク・ナイト・ライジング」だが、監督のクリストファー・ノーラン監督は本作が完結編であることを改めて表明した。もともと第一作の「ビギンズ」制作時から続編は考えていなかったそうで、基本的に作品に全てのアイデアを盛り込むために常に続編は意識していないそうだ。その後語るべき話を思いついたことより、「ダーク・ナイト」と本作「ライジング」が制作されたが、「もうこれ以上語るべき物語はない」そうだ。

日本ではコケてしまった「ダーク・ナイト」だが、全米では先日「アベンジャーズ」に記録を抜かれるまで全米興行成績の第三位に君臨していた。上位二作はご存じ「アバター」と「タイタニック」。果たして三作目がどのくらい興収を上げるのか、今から注目が集まっている。

さて、クリストファー・ノーラン監督の弟で脚本家のジョナサン・ノーランが手がけた米ドラマ「Person Of Interest」をぼちぼち鑑賞中。「ダーク・ナイト」の脚本にも参加しているとあってドラマのテイストがどこか「バットマン」なドラマだ。
パイロット版の出来がよくて面白かったのだが、第二話もドラマの冒頭から面白い。
テロ防止のたまえに構築したシステムが犯罪を予告することができることに気がついたシステムの開発者で大金持ちのフィンチが、もとCIAのリースを雇い、犯罪を防止しようとする話だ。
第二話ではシステムが一家惨殺事件で行方不明となっている一人の少女が犯罪に巻き込まれると予告することから二人の活躍が始まる。システムが予告するのが、必ずしも被害者とは限らないことがこのドラマのミソでもある。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ATARUいただきます。ありがとう。
来週いよいよ最終回。
中居君 ケチャップ飲むのも大変だったでしょうね。中味が何だか知りたい!
≫「バットマン」
完結編・・・もちろん「ダークナイト」のよね。
明るいヒーローのバットマン登場を願おうかしら。

≫「Person Of Interest」
予知が「必ずしも被害者とは限らない事」と言うのは 逆に見る側にはハラハラドキドキかも!
まだDVDでは出ていないようです。
出たら探すわ。面白いといいな!
Nezu 2012/06/18 (Mon) 08:55 編集
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]