忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ドラマ「ホタルノヒカリ」より藤木直人が演じた高野部長こと高野誠一を作品化。
「CONTROL~犯罪心理捜査~」より藤木直人の原画を起こしたので、「ホタルノヒカリ」の高野部長の方も作品化することにした。どうせ作るなら甚平姿が良いだろうと少ない資料から作品化してみた。

<2010年邦画興行成績の続き>

2010年邦画部門の興行成績のトップ10以外を見てみよう。

先ず気になったのは第14位「大奥」の23.2億円。丁度、「THE LAST MESSAGE海猿」を見に映画館に足を運んだ時、「大奥」が公開されたばかりで待合室は「大奥」目当ての観客ばかりだった。圧倒的に女性客が多く、「これはかなりヒットしそうだな」と思った通り大ヒットとなったようだ。本作も未見、漫画が原作だということは知っているが漫画の方も読んだことがない。

面白いのか???

個人的にツボで今年10周年を迎え新作の公開された「トリック」は第17位となり、興行収入は18.6億円。「劇場版2」の興行収入は21億円で2006年度邦画部門第13位という成績だった。それと比べると、映画の出来がちょっと微妙だったので、「トリック」の新作にしては微妙な興行成績となってしまった。
でも邦画の場合興行収入が10億円を超えるとヒットと言えるので、申し分のない興行成績と言えるだろう。

次もあるのか???

日本の映画興行は東宝が圧倒的なシェアを誇り、東映、松竹が残りを押さえている形だが、最近はハリウッド資本の邦画もぼちぼち増えてきている。その中で最も当たったのが第25位の「インシテミル/七日間のデス・ゲーム」の12.2億円。ワーナーの配給で、ワーナーは本作以外にも「銀魂」の劇場版をヒットさせている。

意外だったのが第21位の「君に届け」の15.3億円。原作を読んでいて、映画公開後、あまり評判を聞かなかったので、てっきりハズれてしまったものだと思い込んでいた。興収15.3億円なら制作費のかからない恋愛映画なら大ヒットと言えるだろう。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
高野部長いただきます!ありがとう

藤木直人の甚平スタイル~良いですね~!!

≫「君に届け」
私は興味薄の範疇だけど
女性にはかなり良い評価のようね。

≫「銀魂」ってハリウッド資本だったんだ!
こっちのほうが びっくり。

Nezu 2011/02/07 (Mon) 17:01 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]